めちゃくちゃスポーティ! 癒し系のホンダ新型「フィット」エアロでカスタムしたらカッコ良すぎた!

ホンダ「フィット」がマイナーチェンジし、それに合わせてカスタムパーツも登場しました。ホンダ車のパーツを手掛ける無限とホンダアクセスの各種パーツで、どのようなカスタムが楽しめるのでしょうか。

無限とホンダアクセスが新型フィットをカスタム!

 ホンダのコンパクトカー「フィット」がマイナーチェンジし、2022年10月7日に発売されました。

 今回のマイナーチェンジでは、スポーティグレードの「RS」が復活したほか、「リュクス」「クロスター」のデザインを変更。

「e:HEV」(ハイブリッド)のモーター最高出力が向上するなど走行性能が進化したほか、安全運転支援システム「ホンダセンシング」に新機能が追加されました。

赤アクセントが鮮烈な無限カスタムのホンダ「フィット」
赤アクセントが鮮烈な無限カスタムのホンダ「フィット」

 それに合わせて各種カスタムパーツも登場。新型フィットではどのようなカスタムが楽しめるのでしょうか。

 無限ブランドから、RS用と「ベーシック/ホーム/リュクス」用の2タイプのエアロパーツがラインナップされます。

 RS用のエアロパーツは、赤いアクセントでスポーティさを演出。

 センター部(ツヤありレッド)と左右(ボディカラー同色)に分割された、3ピースの「フロントアンダースポイラー」や、フロントフェイスを引き立てる「フロントグリルガーニッシュ」は、スポーティな「プレミアムクリスタルレッド・メタリック」と、精悍な印象の「ベルリナブラック」の2種類が設定されました。

 さらに、力強くワイドな造形でサイドビューを引き締める、無限のポッティングエンブレムを配した「サイドスポイラー」のほか、リアは迫力のあるディフューザー形状を採用。スポイラー上部に赤いアクセントを加えてフロントとの統一感のあるスタイルを実現しています。

 一方、ベーシック/ホーム/リュクス用のエアロパーツでは、ワイド&ローなデザインの「フロントアンダースポイラー」(ボディカラーとツヤ有りブラックの2トーン塗装)がフロントフェイスを個性的に表現。

 サイドビューをスポーティに見せる力強い造形の「サイドスポイラー」、ディフューザー形状を採用しや、リアビューをシンプルかつスポーティに演出する「リアアンダースポイラー」、存在感のあるデザインの「ウイングスポイラー」がラインナップしました。

 ホンダ車の純正アクセサリーを手掛けるホンダアクセスも、新型フィットのパーツを開発。

 RS用のアクセサリーとして、クリア/イエロー2タイプの「LEDフォグライト」や、ドア開閉時に「FIT」のロゴが足元を照らす「パターンプロジェクター」、キャンドルホワイト/ブルーから選べる「フットライト」などが設定され、イルミネーションアイテムによって上質で華やかなイメージを演出します。

 また、ベーシック/ホーム/リュクスには、ベルリナブラックがシャープな印象を与える「フロントグリル」や、スポーティなシルエットを実現するフロント/サイド/リアの「ロアスカート」を設定。

 SUVグレードのクロスターは、運転中の快適性を高める「アームレストコンソール」に加え、テールゲートを開けたときにラゲッジスペースを照らす「LEDテールゲートライト」など、実用的なアイテムが用意されました。

ホンダ・フィット のカタログ情報を見る

【画像】エアロでローダウン! 新型「フィット」がめっちゃスポーティに激変!(42枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント