国道246号~淡島通りを連絡! 世田谷の環状6.5号線「三宿通り」北へ延伸

東京都の補助第26号線(都道420号鮫洲大山線)のうち、世田谷区内の約440m区間が開通します。

約440mの区間が開通

 東京都は2022年10月13日、補助第26号線(都道420号鮫洲大山線)の世田谷区三宿二丁目から池尻四丁目までの約440mの区間が、27日11時に開通すると発表しました。

開通区間の中間部付近から淡島通り方面を望む(画像:東京都)
開通区間の中間部付近から淡島通り方面を望む(画像:東京都)

 都道420号は品川区と板橋区を南北に結ぶ道です。山手通り(環状六号線)と環七通りのほぼ中間を通ることから「環状6.5号線」とも呼ばれています。

 道路は片側1車線以上を基本に整備が進んでいますが、クルマ同士のすれ違いが難しい狭隘区間も住宅街などに存在します。

 今回開通するのは、三宿通りの三宿・池尻交差点の先(三宿二丁目)から淡島通り(池尻四丁目)までの区間です。

 これにより狭隘区間が解消され、玉川通り(国道246号)と淡島通り(都道423号渋谷経堂線)が幅20mのゆったりとした2車線道路(片側1車線)で南北に結ばれます。

 なお、開通区間の北側(北沢川緑道から淡島通りまで)は傾斜があるため、一段高い本道と地平を通る副道で整備されます。

 都によると、この区間の整備によって地域の防災性の向上や南北方向の交通の円滑化が図られるということです。

 なお、道路は歩道仕上げ工事などが引き続き行われます。また、今回の開通にあたって記念式典は予定されていません。

【画像】補助第26号線の開通区間を地図で見る(11枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. 道路を緑色の線で書いてある図はあきらかに間違い、赤くなっている部分はまだ用地買収も始まってない計画部分、淡島通りの南側(図では下)の三宿に向かう部分が今回の開通部分

  2. かつての終点交差点、
    淡島通りから隘路を抜け、三宿交差点へ右折するためには一時停止、
    これが案外ルーズですね、

    この交差点では、北側にのみ歩行者横断用の信号機新設されてます、
    既得権益継承で、敢えて交差点北側?

    在来道路からの一時停止無視違反取締り練習場に指定されたのかも、

    かつて在った、ポニーなる洋菓子店の向かいでは、飲酒検問が日常的でしたね、
    それにしても、
    道路開通・改修には、時が掛かりすぎる?

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー