レクサス最上級セダン 新「LS」発売! 乗り心地や機能など進化し10月下旬発売 1078万円から

レクサスは、改良モデルの「LS」を2022年10月下旬に発売します。どのような改良をおこなったのでしょうか。

マルチメディアと運転支援機能を向上 乗り心地重視のサスペンションチューニングも実施

 レクサスは2022年10月13日、フラッグシップモデルの「LS」の改良をおこなうと発表しました。
 
 改良モデルのLSは2022年10月下旬に発売予定となっています。

国産最高級セダンのレクサス「LS」さらに改良!
国産最高級セダンのレクサス「LS」さらに改良!

 現行モデルは2017年に登場。北米での発売からカウントすると5代目となります。

 レクサス「LS」は、1989年のレクサスブランド設立当初から展開され、国産車の中でも最高峰のセダンとして位置づけられています。

 日本的な高級感と、日本車らしい品質の高さ、ハイブリッドシステムを採用。企業の役員車や官公庁の要人専用車両として採用されるケースもあります。

 エンジンは3.5リッターV型6気筒ツインターボと、3.5リッターV型6気筒にモーターを組み合わせるハイブリッド仕様の2種類を用意し、駆動方式はFRと4WDから選択できます。

 今回の改良では、リアサスペンションメンバー取り付け部の形状を変更し、高剛性化。サスペンションのチューニングもおこない、乗り心地と操縦安定性を向上させています。

 機能面ではマルチメディアシステムを最新のものを装備しています。

 各メニューの操作表示を変更し、操作性の向上を図ったほか、音声認識機能の精度も高め、クルマと会話するような自然な発話での操作が可能になりました。走行履歴から経路を予測する「先読み案内サービス」も利用可能となっています。

 オーディオはアンプ、スピーカーが見直しされ、ハイレゾ音源に対応。音質の向上が図られています。

 スマートフォンアプリ「My LEXUS」では、乗車前に車内を快適な温度にするエアコン操作や、第三者の運転を防ぐ始動ロック機能が追加になりました。

 今回、マルチメディアの更新に合わせ、タッチパットとCD/DVDプレイヤーが廃止となり、コンソール周辺の形状やスイッチのレイアウトも変更。

 シートヒーターやシートベンチレーション、ステアリングヒーターの各スイッチがコンソール上に移動、スマホホルダーやUSB-Cコネクタの追加もおこなわれ、使い勝手が向上しています。

 改良モデルのLSは運転支援システムも高度なものとなりました。「Lexus Teammate[Advanced Drive]」搭載モデルは、周辺他車の死角で走行し続けないように減速する制御を追加。

 また、車線変更支援機能を進化させ、利用可能なシチュエーションが増えたほか、低速での合流時に他車と接近した場合、メッセージ表示とブザーによりドライバーに注意を促す機能が追加になっています。

 さらに、パノラミックビューモニターはボディ下を透かしたような「シースルビュー」表示が可能に。車両直下やタイヤ付近の映像を表示させ、駐車やすり抜けを支援します。

 外装では、2021年発売の限定車「HIDEKI MATSUYAMA EDITION」に装備された20インチアルミホイールがオプションで選択できるようになっています。

 LS改良モデルの価格(消費税込)は、1078万円から1796万円となっています。

レクサス・LS のカタログ情報を見る

【画像】超ゴージャス! 「おえらいさん」御用達の国産最高級セダン「レクサスLS」の内外装を写真で見る(47枚)

24時間ネット購入OKの中古車って?【PR】

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント