新型「軽バン」各社から登場で「車中泊」派も大注目! お得なの!? 「4ナンバー軽商用車」のメリットとデメリットとは

主に配送などで使われてきた4ナンバー軽商用車(軽貨物車)の世界に、アウトドアレジャーなどの用途にも対応したニューモデルが続々と登場し、注目を集めています。そんな軽4ナンバーのメリットやデメリットについて紹介します。

最近の軽商用車は貨物用途だけではなく個人ユーザーの需要にも対応

 軽乗用車が急速に普及し、いまや乗用車全体の4割近くを占めるようになりました。
 
 そんななかで、4ナンバーの「軽貨物車(軽商用車)」に、5ナンバーの軽乗用車に近い性能や仕様を備えたニューモデルが増えたことで、いま注目を集めています。
 
 それでは軽乗用車と軽商用車は、一体どこが異なるのでしょうか。税金面など、4ナンバー軽商用車のメリットやデメリットについて紹介します。

スズキが軽乗用車「スペーシア」の派生モデルとして2022年8月に発売を開始した新型軽商用車「スペーシア ベース」
スズキが軽乗用車「スペーシア」の派生モデルとして2022年8月に発売を開始した新型軽商用車「スペーシア ベース」

 近年、4ナンバーの軽商用車カテゴリーに登場するニューモデルの数が増えてきています。

 これらのニューモデルは、小口配送といった従来の商用・業務用途に加え、個人ユーザー向けの動くパーソナルスペースとしての人気も高まっているのが特徴です。

 2018年7月に登場し、一定の支持を集めるホンダの軽商用車「N-VAN」に対抗する軽4ナンバー車として、2022年8月にスズキから「スペーシア ベース」が誕生しています。

 2モデルともに軽乗用車のプラットフォームをベースに誕生しているところが特徴です。

 またダイハツ「アトレー」は2021年12月、約17年ぶりのフルモデルチェンジを実施した際、それまでの5ナンバーワゴン車仕様から、4ナンバーの軽商用車へとシフトしました。

 これら最新の軽商用車に共通するのは、広い空間を活かし、開発時から個人ユーザーのアウトドアレジャーや車中泊、移動オフィスなどに使用することが想定されている点です。

 また軽乗用車同等の走行性能や快適性を得る工夫も随所に見られます。

 規格サイズの上限が定まっている軽自動車なので、車体の寸法自体は非常にコンパクトで、小型乗用車などに比べ小回りは利きます。

 それでいて、限られたサイズの中でも最大限の荷室空間を確保することで、多目的な用途に利用できるのが4ナンバー軽商用車の魅力といえます。

 そんな軽商用車は、税金などの費用(維持費)が、5ナンバーの軽乗用車とは異なります。

 その違いについて、順に紹介していきます。

【画像】配達だけじゃない! 「車中泊」も楽しめるイマドキの最新「軽バン」を写真で見る(55枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN 純正車中泊仕様(「マルチボード」搭載車両)
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
1 2 3 4

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

3件のコメント

  1. めちゃくちゃな文章ですね。

    >4ナンバーであっても軽自動車であれば6600円となるので、重量税の差額はありません。
    > このように自動車税や自動車重量税については安くなりますが、気をつけなければならないのは保険料です。
    > 加入が義務付けられている自賠責保険料(いわゆる「強制保険」)は、軽乗用車、軽商用車ともに25か月で2万310円です。

    「重量税」は同じで「安く」なりませんよね?
    「気をつけなければいけない」という自賠責保険料も同じですよね?
    そのあとのデメリットには、新車登録時の車検の回数が(1回分のみ)増えることと、積載スペース確保する必要があることのみ書かれてますが、「商用」登録するとなると「事業の届け出」「事業用自動車登録」の手間と、さらに任意保険の金額が上がる点もありますよね?
    そもそも、軽自動車(乗用)と軽貨物車登録の違いとメリット・デメリットを述べればいいのに、自家用軽貨物車と営業用軽貨物車を混同している点でいい加減な記事の印象を受けました。

  2. 任意保険が5ナンバーより4ナンバーの方が高くなるし、燃費も4ナンバーの方がタイヤなどの制約の性か悪くなるので結果的に4ナンバーの方が割高

  3. そもそも軽商用車で後席に人を乗せるのは滅多に無いので。座席は低くて足が遊ぶし、前席が近くて窮屈だし。あくまでも非常用に人を乗せるためのもの。定員2(4)人という表示ですからね。全車ともに最初から定員2名というグレードが欲しいくらい。オマケの後部座席の体積が勿体ない。外しても車検時に戻せと言われるし、ヘッドレストも外したら戻さないと車検通らないとか面倒です。
    初回の車検時期は気にしないですね。2年と3年の違いでしょ。後ろをフラットにでき、着替えも楽で広々と使える軽バンは週末だけ車中泊しているライトな軽キャンパーなら特別な加工も改造も不要ですし。夏冬タイヤも各4本で1万五千円~2万円で済みます。税金はポケットマネーで払えるし、そもそも運転時の乗り心地とか静粛性とかどうでもいいですね。
    足を伸ばして窮屈を感じず自由に寝返り打てる就寝環境こそが正義です。特別なマットを別途用意しないとフルフラットにすら成らないハイト系ワゴンじゃそうは行かないです。記事には必ずメリットとデメリットの両方の記載はあったほうが良いですね。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー