見た目以上にスポーティになった!? レクサス新「都市型SUV」発表! 走り意識した「UX300e」を23年春に発売へ

日本での発売は2023年春頃を予定しているレクサス「UX300e」。どのような部分が深化したのでしょうか。

新「UX300e」は2023年春頃、発売へ

 2022年10月12日にレクサスは「UX300e」の一部改良を発表しました。

レクサスの新「都会派SUV」が2023年春に発売!? 「UX300e」は何が深化したのか?
レクサスの新「都会派SUV」が2023年春に発売!? 「UX300e」は何が深化したのか?

 2020年にレクサス初のBEV市販モデルとして発売されたUX300eは、都会派コンパクトクロスオーバーとしての個性的なデザインと取り回しに優れたボディサイズに加えて、BEVならではの上質な走りと優れた静粛性を特徴としています。

 今回の一部改良では、新開発の電池パックにより電池容量を54.4kWhから72.8kWhに増強。航続距離が従来型比で40%以上も向上となる450km、電費性能を166.7Wh/kmを実現しました。

 さらに走りの味の深化では、車両前方へのエンジンなどの重量物の偏りが少なく、前後重量配分や慣性モーメントの最適化が可能なBEVならではの特長を活かし、重量物を車両中心に配置しています。

 さらに「Toyota Technical Center Shimoyama」での走り込みや、サイドドア、バックドア周辺のボディ開口部のスポット溶接打点を計20点追加し、ボディ剛性を向上。

 リアに標準で装着された「パフォーマンスダンパー」、最適なEPSやアブソーバーなどのチューニングを施し奥深い走りを実現しました。

 また、床下の電池に遮音壁としての機能を持たせたほか、エンジンやトランスミッションの音がないゆえに聞こえる風切り音や小石・砂などの巻き上げ音にも配慮。室内空間の心地良い静けさを実現しています。

 機能面では、UXシリーズとして上質ですっきりと奥深い走りの味の深化と、予防安全技術の機能拡充や、大型化/高解像度化したタッチディスプレイを搭載した最新のマルチメディアシステムを採用。

 さらにインストルメントパネルやコンソール周辺の形状やスイッチレイアウトを最適化。充電用USBコネクタ(Type-C)をコンソール前方に2個新たに設定するなど使い勝手を向上させています。

 安全面では、予防安全技術「Lexus Safety System +」を機能拡充することで、より安全・安心に運転を楽しんでいただくことを目指したといいます。

 新しくなったUX300eについて、レクサスインターナショナルの主査・江本光輝氏は次のように話しています。

「今回のUX300eの改良では『Always On』の考え方の下で、お客さまのライフスタイルやニーズに寄り添って、航続距離を延長するなどBEVとしての基本性能の向上を図ると共に、UXシリーズ共通のすっきりと奥深い走りの深化と、先進装備の進化を実現しました」

※ ※ ※

 UXのガソリン車(UX200)/ハイブリッド車(UX250h)は、2022年7月7日に発売されています。

 今回の電気自動車(UX300e)に関して、日本での発売は2023年春頃を予定しています。

レクサス・UX のカタログ情報を見る

【画像】何が変わった? 新「都会派SUV」が深化! 実車の写真を見る!(76枚)

24時間ネット購入OKの中古車って?【PR】

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント