流行りの「オフロードタイヤ」セダンやクーペには似合わない? “禁断のカスタム”ほとんど見かけない理由

SUVにゴツいオフロードタイヤを履かせるカスタムが流行っていますが、セダンにオフロードタイヤの組み合わせは見かけません。それは一体なぜなのでしょうか。

セダンはゴツいタイヤを履けない?

 近年、活況を見せているのがキャンプですが、とくにクルマで行けるオートキャンプ場は、週末ともなると予約が難しいほど人気になっています。

 最近では整備されたオートキャンプ場も増えましたが、自然を活かして未舗装のままのサイト(区画)となっているところもまだまだ多いようです。

ゴツゴツしたオフロードタイヤ
ゴツゴツしたオフロードタイヤ

 そうなると、そこまでの相棒となるクルマの足元もオフロードタイヤを装着して悪路走破性を高めたくなるもの。見た目にもゴツゴツしたブロックパターンが、アウトドア気分を盛り上げてくれそうです。

 オフロードタイヤとは、ぬかるんだ不整地でもグリップするように、大きくて溝の深いトレッドパターンを採用しているのが特徴です。

 また、悪路に付き物の石や岩などでタイヤやホイールが破損しないように、通常のオンロードタイヤよりサイドウォール(側面)の高さと強度が高められています。

 オフロードタイヤにはいくつかの種類があり、目的別に性能が特化しています。

 悪路に強いオフロードタイヤとしてゴツゴツしたブロックパターンをしているのが「マッドテレーン」と呼ばれるタイプで、「M/T」と表記されています。

 おもにクロカン4WDに採用されており、マッド(泥地)でも深い溝でグリップ力を確保。また岩や石などの衝撃にも耐えられるようにタイヤ側面の強度も高められているのが特徴です。

 ただしゴツゴツブロックのトレッドはオンロードでは乗り心地が悪化し、タイヤノイズも大きくなります。

 もうひとつは、オフロード性能とオンロード性能をバランス良く仕上げている「オールテレーン(A/T)」です。こちらもSUVやクロスカントリーモデルに多く採用されているもので、快適性も高く、オンロード性能を意識したオフロードタイヤです。

 A/Tをさらにオンロード寄りにし、高速道路での走行を念頭に耐摩耗性を考慮したタイヤが「ハイウェイテレーン(H/T)」です。

※ ※ ※

 見た目のゴツさを演出でき、なおかつオフロードも走れるとあってオフロードタイヤを装着するSUVは多いのですが、セダンやクーペと組み合わせる人はほとんど見かけないのが現状です。

「セダン+オフロードタイヤ」はあり得ない組み合わせなのでしょうか。そもそもできないのか、それとも単にしないだけなのか、組み合わせたらどうなってしまうのでしょうか。

 そこで「セダン+オフロードタイヤ」という禁断の組み合わせについて、本格的なカスタムの相談もできる都内のクルマ販売店のK店長に聞いてみました。

「オフロードタイヤは、その性質上サイドウォールが高くなり、扁平率も60以上のものが多いです。

 タイヤハウスのなかに収めるためにはタイヤの外周を純正サイズに合わせる必要があります。

 たとえば純正タイヤが16インチの50タイヤあたりなら、14インチの65タイヤといった具合に、ホイールサイズをインチダウンする必要があります」

 また通常のセダンやクーペは、SUVやクロカンのように最低地上高を高めに確保しておらず、足回りのセッティングもオンロード向け。履かせること自体は可能ですがチグハグ感は否めなくなります。

「皆さんホイールのインチダウンはなかなかしたがらないです。また最低地上高も確保していないセダンでオフロードに行くのかという疑問もあります。

 リフトアップなど足回りをカスタムしないままノーマルの高さでオフロードタイヤを履かせても、下回りはガツガツ当たってしまう可能性が高いでしょう」(クルマ販売店 K店長)

【画像】こんなのアリ!? レクサス顔の「アルファード」リフトアップでオフローダー化!(18枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント