打倒ホンダ「N-VAN」!? “スポ顔軽”なスズキ新型「スペーシア ベース」発売! 両車の違いは?

スズキの新型軽商用車「スペーシア ベース」と、同じく軽商用車のホンダ「N-VAN」はどのような違いがあるのでしょうか。荷室の違いを中心に、見ていきます。

エアロ形状のフロントバンパーがスポーティな顔つき

 スズキは2022年8月26日に新型軽商用車「スペーシア ベース」を発表、同日に発売しました。

 軽スーパーハイトワゴン「スペーシア」がベースとなるスペーシア ベースは、「遊びに仕事に空間自由自在。新しい使い方を実現する軽商用バン」をコンセプトに掲げ開発。

 商用車の特徴である積載性および広い荷室空間と、乗用車ベースならではのデザインや快適性、運転のしやすさが融合したクルマとなっています。

 そんななか、ホンダにも似たような境遇を持つモデルとして軽スーパーハイトワゴン「N-BOX」ベースの軽商用車「N-VAN」が存在。両者の違いを比較していきます。

スズキ新型「スペーシア ベース」
スズキ新型「スペーシア ベース」

 新型スペーシア ベースのフロントフェイスを見ると、スペーシアシリーズのなかのエアロ系モデル「スペーシア カスタム」の顔つきをアレンジしたデザインであることがわかります。

 そのため、新型スペーシア ベースは押し出し感のある大型フロントグリルを装着。エアロ形状のフロントバンパーとあわせて、スポーティな印象です。

 一方、N-VANのフロントグリルを見ると大きさを抑えた形状になっています。「+STYLE FUN」グレードでは丸目が特徴的なLEDヘッドライトも装備され、さらに親しみやすい
雰囲気です。

 ちなみに2021年の一部改良前は、メッキグリルを装備しかつN-VAN唯一のロールーフを採用した「+STYLE COOL」グレードがラインナップされましたが、現在は販売が終了しています。

 積載性が重視される軽商用車であることから、新型スペーシア ベースとN-VANの荷室はとくに気になるところ。

 新型スペーシア ベースの荷室サイズ(2名乗車時・最大)は荷室高1220mm×荷室幅1245mm×荷室床面長1375mm、助手席を倒したときの床面長は2030mm。

 最大積載量(2名乗車時)は200kgです。

 またスズキは、上・中・下3段階でセットできるマルチボードを標準装備することで、新たな使い方を提案しています。

 マルチボードを上段にセットして後席の背もたれを倒せば、荷室幅と同等サイズのテーブル・イスセットが出現。そのままテレワーク空間として活用することができます。

 中段にすれば荷室の仕切りになり、下段にすれば後ろ倒しした前席と高さがそろい車中泊に最適な空間が出現します。

 マルチボードは荷室前後の仕切りにもなり、ペットと荷物を分けるといった使い方も可能です。

【画像】スズキ新型軽がスポーティフェイスで登場!? 新型「スペーシア ベース」実車を画像で見る(87枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー