サヨナラ往年! 旧車顔がカッコイイ! EVなのに「ウルサイ」轟音? 型破りすぎる新型マッスルカー「チャージャー D S C」米で発表

2022年8月17日、アメリカのダッジは新型クーペEV「ダッジ チャージャー デイトナ SRT コンセプト」を世界初公開しました。伝統のマッスルカーの流れをくむ「チャレンジャー」や「チャージャー」を廃止するなか、新たにEVマッスルカーとして導入する計画です。

ダッジの伝統のマッスルカーは終了!これからは型破りな「轟音」EV

 2022年8月17日、アメリカのダッジは新型クーペEV「ダッジ チャージャー デイトナ SRT コンセプト」を世界初公開しました。
 
 ダッジのマッスルカー「Hellcat(ヘルキャット)」をも上回るハイハイパフォーマンスを誇る「eマッスルカー」だといいます。

ダッジの新型クーペEV「ダッジ チャージャー デイトナ SRT コンセプト」
ダッジの新型クーペEV「ダッジ チャージャー デイトナ SRT コンセプト」

 ダッジはステランティスグループに属するアメリカの自動車ブランド。ダッジは、日本では2ドアスポーツカーの「バイパー」をはじめ、前述のチャージャーやSUVの「ナイトロ」などが正規輸入されていましたが、2022年現在ではダッジブランドのクルマの正規販売はありません。

 一方、並行輸入車として国内に入っているモデルもあり、中古車サイトでも数多くのダッジ車を見ることができます。

 今回発表された「ダッジ チャージャー デイトナ SRT コンセプト」は、2ドアのクーペEV。「現在販売されているチャージャーは4ドアセダンなのに、なぜ2ドアなのか」、「ダッジの2ドアクーペといえばチャレンジャーでは」と思われる方もいるかも知れません。

 チャージャーは初代モデルが2ドアクーペ、2代目が3ドアハッチバック、3代目以降現行モデルとなる4代目までが4ドアセダンとボディタイプが変化してきた車種です。

 一方チャレンジャーは、1970年の登場以来、2ドアクーペとして存在するモデルですが、初代モデルの生産終了から2代目の誕生まで、そして2代目の生産終了から現行モデルとなる3代目の誕生まで、それぞれ期間が空いています。

 ともに初代モデルは、高出力のV型8気筒エンジンを積み大トルクを発生させるハイパフォーマンスモデル(当時は「マッスルカー」と呼ばれていた)をラインナップし、いまだに熱狂的なファンから支持されています。

 奇しくも「ダッジ チャージャー デイトナ SRT コンセプト」の発表がおこなわれる2日前の2022年8月15日、往年のマッスルカーの流れをくむチャージャーとチャレンジャーの両モデルは、最終モデルの発表がおこなわれており、実質の生産終了宣言がなされています。

 チャージャーとチャレンジャーの最終モデルについて、ダッジブランド最高経営責任者であるティム・クニスキス氏は「私たちは、ひとつの時代の終わりと、新しい電動化の未来の始まりを祝います」と述べています。

 ダッジとしてはこれらのチャージャーやチャレンジャーといったガソリン車の「マッスルカー」の時代を終え、新たにEV車である「ダッジ チャージャー デイトナ SRT コンセプト」を迎えるといった内容だといえます。

「ダッジ チャージャー デイトナ SRT コンセプト」は、退屈なEVシフトを脇に置き、今日の路上にはない電気自動車「eマッスルカー」だとダッジは説明します。

 パワートレインにはBansheeと呼ばれる800V推進システムを搭載。ダッジのハイパフォーマンスモデル「Hellcat」をすべての性能指標において上回り、4輪駆動システムが標準装備となります。

 また一般的なEVとは異なり、「eRuptマルチスピードトランスミッション」と呼ばれるエレクトロ・メカニカル・シフトを採用。パワーショット・プッシュトゥパス機能によりボタンひとつで加速度を増加させる機能が搭載されます。

 さらに、ほとんどのEVがほぼ無音の電気モーターを採用し静かな走行音を実現しているのに対し、このクルマは「フラッツォニックチャンバーエキゾースト」というシステムを搭載しており、車両後部に設置されたアンプとチューニングチャンバーを介して、126dBのパフォーマンスサウンドを作り出します。

 エクステリアの全体感は、マッスルカー時代の初代チャージャーを想わせるレトロな直線的デザインです。

 フロントとリアのライトは全幅に渡って広がる横一文字のデザインが特徴的で、こちらも初代チャージャーを思わせます。

 足元には21インチのタービンのようなデザインで空力効率を高めたというホイールが装着されます。

 このデザインについてダッジは「過去のマッスルカーにさりげなく敬意を表しつつ、EVの外観を一新することに挑戦した」といいます。

※ ※ ※

 ダッジは、伝統的なガソリンエンジンを搭載したチャレンジャーとチャージャーを廃止するなかで、EVとしては型破りな走行音やエクステリアデザインを持つ「ダッジ チャージャー デイトナ SRT コンセプト」を導入し、新時代の幕開けを宣言します。

 具体的なリリース時期や価格については公表されていませんが、今後のダッジの動向が注目されます。

【画像】ド迫力のカクカクボディがカッコイイ! ダッジ「チャージャー デイトナ SRT コンセプト」の内外装を画像で見る(51枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント