専用キラ顔スゴい!? レクサス 新「ES」特別車を発表! 728万円で墨ブラック・赤内装がイイ!

レクサスが「ES」に追加した特別仕様車「ES “Graceful Escort”」はどんな特別装備が特徴なのでしょうか。

専用シルバー塗装のスピンドルグリルを装備

 レクサスは、2022年7月28日に「ES」の特別仕様車「ES “Graceful Escort”」を新設定しました。

 大人の魅力に溢れる落ち着いたスタイルを表現しているといいますが、どのような特別装備が採用されているのでしょうか。

レクサス「ES」に設定された特別仕様車「ES “Graceful Escort”」
レクサス「ES」に設定された特別仕様車「ES “Graceful Escort”」

 ES “Graceful Escort”は「version L」グレードをベースに、上質かつラグジュアリーな空間を楽しめる仕様とするため、専用シートカラーとしてクリムゾン&ブラックを設定。

 シートだけでなく、本革シートやインストルメントパネル、ドアトリムにもクリムゾン色のステッチをあしらったほか、ステアリングには墨ブラックを採用しています。

 外観は、レクサスのファミリーフェイスであるスピンドルグリルに特別仕様車専用のシルバー塗装を採用。より高級感ある仕立ての顔つきとしています。

 タイヤは235/45R18 94Yタイヤを装着するほか、専用スパッタリング塗装のアルミホイールが足もとの印諸王を引き締めます。

 特別仕様車 ES “Graceful Escort”の価格(消費税込、以下同様)は728万円です。

 なお、レクサスは特別仕様車の追加とあわせてESの一部改良を実施しました。

 インテリアレイアウトの変更や予防安全技術や先進技術の進化が中心で、パノラミックビューモニターに床下透過表示機能を追加、使いやすい最新マルチメディアシステムの採用などが実施されています。

※ ※ ※

 グローバルで7代目となる現行ESは、2018年4月に北京モーターショー2018で世界初公開された後、同年10月に日本での販売が開始されました。

 ESとして日本で販売されるのは現行モデルが初となるものの、以前から数多くの国・地域においてレクサスの基幹モデルとしてラインナップされてきました。

 低重心なGA-Kプラットフォームの採用により、流麗なデザインや優れた操縦安定性も実現しています。

 それではここでクイズです。

 現行ESが日本で発売された際、量産車の装備として世界で初めて採用された機能が存在します。その機能は、次のうちどれでしょうか。

【1】レベル3相当の自動運転機能

【2】デジタルアウターミラー

【3】ドライブレコーダー

※ ※ ※

 正解は【2】の「デジタルアウターミラー」です。

 デジタルアウターミラーは従来のドアミラーをデジタル化した装備で、車両のフロントドア外側のカメラで撮影した車両左右後方の映像を、フロントピラー部に設置されたディスプレイに表示します。

 特別仕様車 ES “Graceful Escort”にもメーカーオプション設定されており、価格は22万円です。

※クイズの出典元:くるまマイスター検定

●くるまマイスター検定 公式ウェブサイト

レクサス・ES のカタログ情報を見る

【画像】専用キラ顔がイイ! レクサス新「ES」の特別車「ES “Graceful Escort”」の姿とは? 画像で見る(15枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント