ハイエースやアルファードが狙われる!? 人気車は「車上狙い」に遭いやすい! 今すぐできる防犯対策

クルマに関する犯罪は減少しているものの、「車上狙い」は相変わらず発生しています。車上狙いに遭わないため、またはできる限り被害を減らすため、どんな対策が必要なのでしょうか。

人気車に被害が集中する「車上狙い」の実態

 クルマに関連する2大犯罪である「車両盗難」と「車上狙い」は、ここ10年減少傾向が続いています。

 これは、セキュリティの強化や防犯意識の高まりなどが功を奏していると考えられますが、それでも依然として被害に遭うクルマも存在します。

車上狙いにご注意!
車上狙いにご注意!

 自宅の駐車場に停めておいたクルマの窓ガラスやカギが壊されて車内の貴重品が盗まれたり、外装パーツやホイール・タイヤなどが盗まれるといった被害が報告されています。

 警察庁が公表した犯罪統計によると、2021年に報告された車上狙いは2万3282件と、前年度(2020年)と比較して4696件減ってはいます。

 しかしそれでも単純計算で1日に約63.8件も発生しており、被害に遭いやすい犯罪であることは変わりありません。

 また一般社団法人日本損害保険協会が損保会社21社を対象におこなった「自動車盗難事故実態調査」の結果によると、車上狙いによる保険金の支払いは931件と件数は減少しましたが、それとは裏腹に1件あたりの平均損害賠償金額は49万5000円と年々増額傾向にあるようです。

 ちなみに被害報告が多かった地域トップ3は、大阪府、愛知県、千葉県です。

 累計ではありますが、被害に遭ったクルマの年式は2011年以前が24.8%、最新の2021年式でも7.4%となっており、最新のセキュリティが施されたクルマでも油断はできません。

 また、実際に車上狙いの被害に遭った車種は、トヨタ「プリウス」「ハイエース」「アルファード」と、新車販売でも人気の車種が上位にランクイン。

 犯罪者にとっては人気車ほど狙い目になっており、人気車種はパーツ単体も高額で取引されていることも関係しているようです。

 さらに、プリウスやハイエースといった人気車で、セキュリティ装備が少ないベースグレードが狙われやすいとの報告もあり、注意が必要です。

 車上狙いだけでなく、車両窃盗にも注意を払う自動車販売店では、どのような対策を講じているのでしょうか。都内で輸入車を中心とする中古車販売店オーナーのN氏に話を聞いてみました。

「弊社は少しマニアックな輸入中古車が多いので被害はほとんどないのですが、それでも防犯対策は非常に重要視しており、警備会社との契約はもちろん、防犯カメラや振動感知式センサーなども活用しています。

 弊社のようなショップでは車両の盗難が一番の被害になりますが、お客さまには駐車場での車上狙いにも十分注意していただくようにアドバイスしております」

【画像】 あなたのクルマは大丈夫? ランクル、プリウス、アルファード…狙われやすいクルマはご注意!(25枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント