マツダ新型高級SUV「CX-60」2022年9月発売! 6月24日に予約受注開始 最安299万円から

2022年6月22日、マツダは新型「CX-60」の予約受注を6月24日に開始すると発表しました。

消費税込価格は299万2000円から626万4500円

 2022年6月22日、マツダは新型SUV「CX-60」の予約受注を6月24日に開始すると発表しました。販売開始は2022年9月を予定しています。

マツダ新型「CX-60」
マツダ新型「CX-60」

 新型CX-60は、マツダの新世代ラージ商品群の第一弾として登場。4パターンのデザイン表現を採用したほか、パワートレインも4種類を展開することで、幅広い仕様展開としています。

 ボディサイズは全長4685mm×全幅1890mm×全高1740mm、ホイールベースは2870mmです。

「Noble Toughness(ノーブルタフネス)」というデザインコンセプトを掲げ、外観は堂々とした風格のあるフロントフェイス、ロングノーズ・ショートデッキの力強く動きのある骨格により、「魂動デザイン」の真髄である、生命体が地面に踏ん張り、後ろ足で前に向かって跳躍するような生命感を演出。

 ボディサイドには骨格の動きに連動する大胆な光の魅せ方によりエレガントな面質を表現しました。

 新たなボディカラーとして、禅の世界の「無」から着想したという第三の匠塗カラー「ロジウムホワイトプレミアムメタリック」を初採用します。

 内装は幅広なインストルメントパネル、サイドルーバーからドアトリムへ連続する造形がワイドでリッチな空間を表現。

 前後を貫く大型コンソールは、FRらしい強力なトランスミッションとその先にある縦置エンジンの存在を感じさせるデザインとしています。

 幅950mm×長さ1021mmの大型パノラマサンルーフも採用され、乗員に優れた開放感をもたらします。

 上記の特徴を踏まえつつ、「プレミアムモダン」「プレミアムスポーツ」「ギャラント」「アクティブ」という4つの世界観を展開。好みのデザイン表現から選べる仕様としました。

 新型CX-60に搭載されるパワートレインは4種類。直列4気筒ガソリン+モーターのPHEVシステム「eーSKYACTIV PHEV」、直列6気筒ディーゼル+モーター(48Vハイブリッドシステム)の「e-SKYACTIV D」、直列6気筒ディーゼルの「SKYACTIV-D 3.3」、直列4気筒ガソリンの「SKYACTIV-G 2.5」を設定します。

 組み合わされるトランスミッションは、滑らかで応答の良い変速と、ワイドレンジ化を果たした新開発のトルコンレス8速ATです。

 サスペンションは、前輪にダブルウィッシュボーン、後輪にマルチリンクを採用。人馬一体の走りの楽しさをさらに高める「キネマティック・ポスチャー・コントロール(KPC)」も採用され、ハイスピードのコーナリングでも、より一体感のある走行感覚を実現します。

 4WDシステムとして後輪駆動ベースの「i-ACTIV AWD」を新開発。さらに、EVモードとトーイングモードを追加した「マツダインテリジェントドライブセレクト(Mi-Drive)」や、「ヒルディセントコントロール」(マツダ初採用)、「ドライバー・パーソナライゼーション・システム」を採用しています。

 先進安全技術として、高度運転支援技術のひとつとなる「ドライバー異常時対応システム(DEA)」を初採用。交差点右左折時の事故回避をアシストする機能(マツダ初採用)も搭載されます。

 マツダは、新型CX-60について「現代のクルマに求められる高い安全性能と環境性能を兼ね備えながら、どんな道でも心たかぶることができる走行性能に、マツダデザインとクラフツマンシップの上質さをまとわせた、これからのマツダを牽引するSUVです」と説明します。

※ ※ ※

 新型CX-60の車両価格(消費税込)は299万2000円から626万4500円です。

【画像】マツダ新型高級SUV「CX-60」ついに9月発売! 最安まさかの299万円から!? 実車を画像で見る(80枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント