「いのちの輝きナンバー」誕生! 大阪万博に向けて今秋から交付 対象は?

大阪・関西万博の開催を記念した特別仕様ナンバープレートの交付が2022年秋から始まります。

今乗っているクルマもOK

 国土交通省と2025年日本国際博覧会協会は2022年6月10日、「2025年日本国際博覧会」(大阪・関西万博)を記念した特別仕様のナンバープレートを、期間限定で交付すると発表しました。

2025年日本国際博覧会特別仕様ナンバープレート(自家用登録車・フルカラー)のイメージ(画像:国土交通省)
2025年日本国際博覧会特別仕様ナンバープレート(自家用登録車・フルカラー)のイメージ(画像:国土交通省)

 事前申し込みは2022年9月下旬から、交付は同年10月下旬から2025年までの予定。対象は全国の希望者です。目的について国交省は「多くの方々に大阪・関西万博を身近に感じてもらい、大阪・関西万博の開催機運の醸成を図る」ためとしています。

 特別仕様ナンバープレートの図柄は、公式ロゴ「いのちの輝き」のフォルムをモチーフとしたデザインです。

 新車・中古車の購入時だけでなく、現在乗っているクルマも番号を変えることなく特別仕様ナンバープレートに交換できます。

 モノトーン版のほか、1000円以上の寄付をするとフルカラー版も選択が可能。寄付金は大阪・関西万博に関連した交通サービスの充実などに充てられます。

 事前申し込みや交付期間といった日程の詳細は2022年8月に、料金は同年9月に発表される予定です。

 なお、過去にあったラグビーワールドカップや東京2020オリンピック・パラリンピックの特別仕様ナンバープレートの料金は、寄付金なしで7000円台から9000円台でした。

 ちなみに特別仕様ナンバープレートは、使用終了後、希望すると不正使用防止の穴を開けたうえで記念品として保存することも可能です。

【画像】事業用・軽自動車バージョンの大阪万博ナンバーも見てみる(7枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. デザインが最悪。オリンピックの時のように白一色で右上にキャラクターが良いと思います