日産「新型セダン」は大胆グリルが突き抜けすぎ!? デカ口スゴい新型「アルティマ」米で発表!

米国日産が発表した新型「アルティマ(2023年モデル)」は、SRグレードの超巨大グリルを新デザインに刷新。「Vモーショングリル」の新たな表現が採用されています。どんな顔つきで登場したのでしょうか。

「Vモーショングリル」が左右に分かれた?

 2022年6月9日、米国日産は同社のセダン「アルティマ」の2023年モデルを発表しました。2022年秋に米国市場で発売される予定です。

 スポーティグレード「SR」において、独自デザインのフロントグリルを採用したといいますが、どのような顔つきで登場したのでしょうか。

米国日産が発表した新型「アルティマ(2023年モデル)」
米国日産が発表した新型「アルティマ(2023年モデル)」

 2023年モデルのアルティマ SRグレードは、日産のファミリーフェイス「Vモーショングリル」について新たな表現を取り入れています。

 従来、Vモーショングリルはロアグリル部で左右が繋がるデザインとなっていましたが、新デザインではグリル部分がさらに下方向へ伸ばされ、「V」字が底の部分で左右に別れた表現を採用。

 ブラッククロームの超大型フロントグリルに装着される日産エンブレムも、SUVタイプのEV「アリア」から展開が始まった新ロゴが採用され、より洗練した印象となっています。

 その他の内外装の変更点としては、新ボディカラー「グレイスカイパール」「ガーネットパールメタリック」の追加、新アルミホイールデザインの設定、インパネ表面の仕上げの変更、Android Auto・Apple CarPlay対応ディスプレイの画面サイズアップ(8インチから12.3インチに変更)などが挙げられます。

 搭載されるエンジンは、最高出力248馬力の2リッターVCターボ(一部グレードのみ設定)と最高出力188馬力の2.5リッター自然吸気です。トランスミッションは全車にエクストロニックCVTが組み合わされます。

 前述のSRグレードには、パドルシフトを装備。スポーティな走りを楽しむことも可能です。

 ちなみに、米国日産が展開するセダンはアルティマのほかに「ヴァーサ」「マキシマ」「セントラ」もありますが、すべて日本にはない海外専用車となっています。

 それではここでクイズです。

「アルティマ」「ヴァーサ」「マキシマ」「セントラ」の4車種のうち、米国日産のセダンラインナップでエントリーモデルに位置づけられるクルマはどれでしょうか。

【1】アルティマ

【2】ヴァーサ

【3】マキシマ

【4】セントラ

※ ※ ※

 正解は【2】の「ヴァーサ」です。

 アルティマ(2022年モデル)が全長約4900mmであるのに対し、ヴァーサの全長は約4496mmとコンパクト。

 価格も、アルティマ(2022年モデル)エントリーモデルの2万4900ドル(約333万円)に対し、ヴァーサは1万5380ドル(約206万円)からの設定となります。

【画像】これほどデカくなった!? 日産新型「アルティマ」超巨大グリルの全貌とは? 顔つきを画像で見る(32枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント