ターボ×e-POWERが異次元!? 電気で走る日産「キャシュカイ」登場! 約543万円から 仏で予約開始

日産「キャシュカイ e-POWER」がフランスで予約開始されました。欧州初のe-POWERを搭載したキャシュカイ e-POWERには、どのような特徴があるのでしょうか。

電動パワートレイン「e-POWER」欧州初投入

 日産のフランス法人は2022年6月7日、クロスオーバーSUV「キャシュカイ e-POWER」の受注を開始しました。

 2021年にフルモデルチェンジしたキャシュカイは、マイルドハイブリッド車として登場。今回新たに電動パワートレイン「e-POWER」車が追加されます。なお、e-POWERが欧州に投入されるのは初めてです。

欧州で初めてe-POWERを搭載する日産「キャシュカイ e-POWER」
欧州で初めてe-POWERを搭載する日産「キャシュカイ e-POWER」

 キャシュカイに搭載されるe-POWERは欧州向けに開発。新型の1.5リッターターボチャージャー付き可変圧縮ガソリンエンジンが発電した電力で、最高出力140kW(190馬力)の電気モーターを駆動します。

 このエネルギーはバッテリーに供給され、バッテリーから電気モーターに供給。電気モーターに直接送ることもできますし、バッテリーと電気モーターに同時に送ることも可能です。

 100%モーター駆動で走行するため、リニアなレスポンスを実現。また、バッテリーEVのように充電を必要としないことから、EVに移行する準備ができていないユーザーに最適です。

 キャシュカイ e-POWERは「e-Pedal Step」を搭載しており、アクセルペダルだけで加減速をコントロールすることが可能。よりスムーズで、静かで、燃費の良いドライブが楽しめます。

 外観デザインは、スリムなヘッドライトや「Vモーショングリル」がスタイリッシュな印象を与えるほか、ボディサイドの伸びやかなショルダーラインや20インチアルミホイールが力強さを演出。「e-POWER」バッジも装着しました。

 内装は、日本の切子をモチーフとした背景も採用された12.3インチのマルチインフォメーションスクリーンや、10.8インチヘッドアップディスプレイ、対応した9インチNissanConnectディスプレイ(Android Auto/Apple CarPlay対応)を搭載。

 GoogleアシスタントやAmazon Alexaで自宅とクルマをシームレスにつなぐ機能にも対応しています。

※ ※ ※

 新型キャシュカイ e-POWERのフランスでの価格は3万8200ユーロから4万6000ユーロ(約543万円から約654万円)。マイルドハイブリッド仕様から1300ユーロ(約18万5000円)アップに留めました。同市場では2022年9月に順次納車が開始されます。

【画像】クールなイケメン! 日産のSUV「キャシュカイ e-POWER」を画像で見る!(12枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 日本未発売の車種に日本の文化をモチーフにしましたアピール・・・日本のユーザーをバカにしてるの?

    インフィニティQX60のフロントグリルも「日本の折り紙をモチーフにした」デザインをアピールしてたし