「夏の高温車内よさらば!」三菱が新型「ミラージュ」一部改良でUV・IRカットガラス新採用

三菱は2022年6月9日、コンパクトカー「ミラージュ」を一部改良し、装備などを充実させました。

夏の暑さも、冬の寒さにも負けない一部改良

 三菱自動車工業(以下三菱)は、コンパクトカー「ミラージュ」を一部改良し、2022年6月9日より発売を開始します。
 
 夏や冬の室内の快適度を高める新装備などを追加しました。

三菱の新型コンパクトカー「ミラージュ」
三菱の新型コンパクトカー「ミラージュ」

 三菱 ミラージュは、1.2リッター MIVEC DOHC 12バルブ 3気筒エンジンを搭載する5ドア・5人乗りの小型ハッチバック車です。

 日本をはじめ、タイや欧州、米国など世界70か国以上で販売され、世界累計販売台数は約82万台(2022年5月末時点)という三菱の世界戦略モデルとなっています。

 今回の一部改良では、機能装備の充実を図りました。

 まずフロントドアガラスを、従来の99%UV(紫外線)カットガラスから、99%UVカット及びIR(赤外線)カットガラスに変更。日差しによる暑さやジリジリ感を軽減し、夏場の快適性を向上させました。

 また、これまでメーカーオプション設定だった「寒冷地仕様」を標準装備化し、冬場の快適性も向上させました。

 寒冷地仕様には、寒冷地仕様ラジエータークーラント、寒冷地対応バッテリーなどが含まれ、エンジン始動直後から温風を送り出す「スタートアップヒーター」はオプションとなります。

 新型ミラージュの消費税込み価格は「M」(2WD)145万7500円から「BLACK Edition」(2WD・2トーン)162万8000円までです。

三菱・ミラージュ のカタログ情報を見る

【画像】「イケ顔すぎる」三菱 新型コンパクトカー「ミラージュ」の内外装写真を見る(59枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント