ついに日産「マーチ」生産終了!? 40年の歴史に幕! 日産コンパクトは「ノート」に継承で次期型はどうなる?

日産のコンパクトカーとして40年の歴史を持つ「マーチ」。2022年8月で生産終了することが明らかになっています。長らく日産を支えてきた「マーチ」ですが、どのようなカタチで生産終了となるのでしょうか。

40年の歴史に幕! 愛され続けた日産「マーチ」が生産終了へ

 1982年に初代モデルとなるK10型が発売されてから、およそ40年もの間多くのユーザーから愛されてきた日産「マーチ」。

 そんなマーチですが、2022年夏頃に生産終了するという噂がSNSや巷ではささやかれています。実際に、マーチは生産終了するのでしょうか。

2022年8月に生産終了するという日産「マーチ」 40年の歴史に幕を下ろすのか…
2022年8月に生産終了するという日産「マーチ」 40年の歴史に幕を下ろすのか…

 マーチは、初代モデル(1982年から1992年)、2代目モデル(1992年から2002年)、3代目モデル(2002年から2010年)、そして4代目モデルが2010年から発売され2022年で12年目を迎えるロングセラーモデルです。

 4代目モデルは、それまでの日本国内での生産ではなく、タイをはじめとするグローバルでの各工場で生産されており、日本仕様はタイから輸入されてくるという当時としては珍しい生産体制でした。

 歴代の販売動向としては、2代目モデルが年間販売台数で常に上位に、3代目モデルは発売当初こそ上位にランクインするなど人気を博していましたが、1999年にトヨタ「ヴィッツ」、2001年にホンダ「フィット」というライバルが登場したことで、その後は販売台数面では後塵を拝していました。

 また、ヴィッツやフィットがマイナーチェンジや改良を繰り返して、最新機能を投入するなかでもマーチは大きくテコ入れされることもなく、商品力という意味でも苦戦を強いられていたようです。

 かつてマーチを販売していた日産の元営業スタッフは「マーチは日産のエントリーモデルとして歴史を持っていますが、現行モデルになってからその役割は軽自動車やノートに移り変わっていました。また現行モデルは低コスト化が進められた結果、装備面などでライバルとの差がひらいていたことも事実です」と話しています。

 そうしたなかで、マーチの生産終了が最初に明らかになったのは日産プリンス茨城販売店の公式ブログで、2022年3月時点で次のように書かれています。

「日産のコンパクトカーMARCHが2022年8月をもって生産終了となりました。

 マーチは発売当初から『誰でも乗りこなせるコンパクトさ』や『コスパがいい乗用車』として長年みなさまに愛され続けてきました」

 このように、日産のコンパクトカーを代表するマーチが2022年8月をもって生産終了となる旨が説明されています。

 また、中部圏の日産販売店では「現在すでに生産が止まっており、数少ない在庫のみの販売となっています」と話します。

 このことから、約40年もの月日を歩んできたマーチは、2022年8月には生産が終了することがわかり、地域によってはすでに在庫車も僅かという販売店もあるようです。

 そんなマーチが2022年8月に生産終了となるとのことから、SNSでは「街をカラフルに彩っていたマーチが無くなるのは悲しいな」、「マーチ生産終了するなんて、、、お金が貯まるまで待ってほしい」、「とうとうK13型マーチも生産終了か…」とマーチの生産終了に対して落胆している様子のユーザーが多くみられます。

※ ※ ※

 一方で、日産のメキシコ法人は2022年3月1日に新型「マーチ(2022年モデル)」を発表し話題になっていました。

 メキシコ仕様のマーチは、日本で発売されている4代目モデルと基本は同様であるものの、日本で発売されているマーチの穏やかなフロントフェイスとは異なり、大型のVモーショングリルやシャープなヘッドライトなど、迫力が増しています。

 SNSでは「日本でも販売されないかな」「国内導入すればいいのに?」とメキシコ仕様のマーチの購入を望む声も多くみられました。

 また、4代目モデルはいくつかの地域で「マイクラ」として販売されていましたが、その後継車となるモデルとされるBEVのティザー映像が2022年1月に開催されています。

 そのティザー画像では、かつて人気の高かった3代目マーチの丸目を特徴とするデザインが採用されており、近い将来には長年愛され続けてきたマーチが電気自動車(EV)となって日本に帰ってくるかもしれません。

日産・マーチ のカタログ情報を見る

【画像】これが次期型マーチになるのか? カッコいい新型「マーチ」などを写真で見る!(28枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 光岡ビュートも同時にモデル廃止ってことになるな

  2. 日産にやる気がないからずっと放置されてたもんな。
    被害軽減ブレーキが付いたのは確か2020年だよな?遅すぎる。
    これ買うくらいならデイズかルークス買った方が絶対良い。
    同じような車の三菱ミラージュの方がまだ魅力があるわ。
    これで100万円台の日産の普通車が無くなったな。