知らないうちに寿命を縮めてない?「やっちゃダメ!」クルマを傷めるNG行為5選

現代のクルマは信頼性も高くめったに壊れませんが、無意識のうちにやってしまっている行為のなかには、クルマにとって良くない行為が意外にあるものです。クルマを傷めるNG行為にはどのようなものがあるのでしょうか。

定期的なオイル交換はエンジンの故障を予防する最善策

 現代のクルマは耐久性や信頼性が高く、新車のうちは故障の心配はそれほどいらないといえます。

 ただし、普段何気なくやっている行為でクルマの寿命を縮めてしまう恐れがあることも意外と多いのです。

 クルマを傷めるNG行為にはどのようなものがあるのでしょうか。埼玉県の整備工場に勤めるN整備士に聞いてみました。

クルマの寿命を縮めるNG行為とは?
クルマの寿命を縮めるNG行為とは?

●長期間オイル交換をしない

「クルマを良い状態に保つには、定期的なオイル交換が必要です。ターボ車はもちろんですが、通常の自然吸気エンジンやディーゼルでもオイル交換を怠ると、燃費の悪化やエンジン性能の低下、最悪の場合はオイル不足でエンジンの焼きつきなどを起こす可能性もあります。

 走行距離にかかわらずターボやディーゼルは半年に1回、自然吸気エンジンは1年に1回はオイルを交換するのがお勧めです」(N整備士)

 エンジンオイルはクルマにとって人間の血液のようなもので、汚れてドロドロの状態になるとエンジンに良くありませんし、壊れる原因になります。

 ハイブリッド車ももちろんエンジンを搭載しているので、エンジンオイルの交換が必要であることには変わりません。

●ハンドルをロックするまで据え切り

「駐車場の出し入れなどで、ついついやってしまいがちなのが停止状態でハンドルを切る据え切りです。

 対処法としては、とにかくクルマが動き出したあとからステアリング操作することです。AT車であれば少しクリープ現象で動き出してからステアリングを切るようにすることで、タイヤの偏摩耗や変形のリスクを軽減できます。

 また、ステアリングを切ったままの状態で駐車する人もいますが、これもあまり良い行為とはいえません。

 ステリングを切った状態で停車、または目一杯据え切りしてしまうとタイヤの一部分のみ摩擦力がかかってしまうので、できる限りステアリングを真っ直ぐに戻してからエンジンを切りましょう」(N整備士)

 現在のクルマは当然パワーステアリングが搭載されており、苦もなく据え切りできてしまいます。

 N整備士の指摘のように、据え切りはタイヤへの負担は想像以上に大きく、余計な負荷をかけないためにも、できる限り据え切りはせず、駐車させる前にステアリングを真っ直ぐの状態に戻すことで、故障やトラブルを少しでも回避することができそうです。

【画像】それやっちゃうとクルマが傷む… 愛車の寿命を縮めるNG行為を見る(16枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. な ん で メ ー カ ー に 聞 か な い の ?