あおり運転を自動検知し録画! パイオニア カロッツェリア新型ドライブレコーダー「VREC-DZ800DC」を体感した

パイオニア カロッツェリアは、ドライブレコーダーにふたつの新機種を発表するとともに、試乗会を開催。上位機種に搭載されたあおり運転を自動録画する「後方車両接近検知機能」の実力を体感することができました。

パイオニア カロッツェリアが前後2カメラモデルのドライブレコーダー2機種を発表

 国土交通省の調査では、普及率が50%を超えているというドライブレコーダー。録画されていれば良いという時代は過ぎ、「夜間や雨天での画質が悪い」「駐車時も録画したい」「録画範囲が狭い」など、その普及とともに様々な要望の声が聞こえてきます。

 そうした声を受けパイオニア カロッツェリアは、新規購入ユーザーだけでなく、買い替え需要も見込んだ新モデルとして、2カメラタイプのドライブレコーダー「VREC-DZ800DC」と「VREC-DH301D」を発売しました 。

 この2機種は、暗闇の中でも鮮明に映像を記録できる高画質、クルマを離れても安心をサポートする駐車監視機能の向上を謳い、ピアノブラックとマットブラックのコンビネーションで思わず手に取りたくなるような上質感、無駄な装飾を廃したシンプルかつ機能的で使いやすいデザインを備えています。

「VREC-DZ800DC」(室内側)
「VREC-DZ800DC」(室内側)

「証拠能力」となる画質を追求! 鮮明で自然な絵作りをチューニング

 交通事故など万が一の際にはドライブレコーダーの映像が証拠となりうることから、その「証拠能力」の重要性はさらに増しているといえますこ。パイオニアの調査によると、ドライブレコーダーを検討しているユーザーの多くも、性能に「画質」「暗闇の性能」「駐車監視」を求めているとのことです。

 しかしドライブレコーダーが記録する映像は、太陽光という強い光源の下もあれば夜間もあります。そうした厳しいシチュエーションにも対応し、それでいて証拠となるような映像情報もしっかりと記録できなければなりません。

 こうした現状を受け、ドライブレコーダーの新製品開発にあたりパイオニア カロッツェリア は、映像証拠能力にフォーカスしたといいます。

 状況に合わせて露光調整、ホワイトバランス調整、色補正を行うことで、逆光や明暗差の大きなシチュエーション、暗い駐車場などでも、ナンバープレートの文字や信号機情報を正確に、かつ自然な絵作りで録画できるようにチューニング。逆光時の黒潰れや白飛びもなく、輝度差がある夜のシーンでも文字がしっかり読み取れる高画質を実現しています。

「STARVIS(TM)」技術を搭載したソニー製CMOSセンサーにより、夜間走行時やトンネル内、暗闇の駐車場でも鮮明な映像を記録できるパイオニアの高感度録画機能「ナイトサイト」にも対応。駐車監視機能で威力を発揮します。

あおり運転検知機能を備えた上位機種「VREC-DZ800DC」

「VREC-DZ800DC」はフラッグシップモデルという位置付けで、24時間365日対応の「駐車監視機能(セキュリティモード)」、後方からのあおり運転を検知する「後方車両接近検知機能」など豊富な機能を搭載。フロントカメラを含む本体は、フロントガラスに固定する一体型で、ドライバーの視界を妨げません。スマートフォンで録画映像の確認や各種設定が可能で、SNSなどへのアップロードも可能なWi-Fiモジュールの搭載、電波干渉対策、長時間録画もできる128GB microSDXCカード対応(製品同梱物は16GB microSDカード)など、基本性能も充実しています。

 あおり運転を検知して自動録画する機能は、他メーカーのドライブレコーダーでも搭載機種が登場していますが、パイオニア カロッツェリアでは、独自のアルゴリズムによるあおり検知機能を開発。一般道と高速道路の「走行速度」、昼と夜の「周囲の明るさ」により異なる危険の感じ方の違いを、検知精度に反映させています。

 そのアルゴリズムが反映された「後方車両接近検知機能」は、速度によって検知距離が変わるというもので、感度設定の変更も可能といいます。デフォルトでは検知時間5秒、走行速度40km/h以上というセッティングを採用しているとか。

 他社製品には、検知距離が速度に関係なく5mもしくは10mというものもありますが、実際には、走行速度によって危険な車間距離は異なるのではないでしょうか。しかも、あおり運転を受けている感じ方は人それぞれです。そこで「VREC-DZ800DC」は、より人の感覚に近いタイミングで検知できるよう、いくつものシチュエーションの中で走り込んで開発したそうです。

あおり運転検知時には、室内側の液晶モニターにも注意喚起の表示が
あおり運転検知時には、室内側の液晶モニターにも注意喚起の表示が

 あおり運転を検知すると、その映像は検知20秒前から証拠映像として別フォルダに自動保存されます。さらに「VREC-DZ800DC」では、前方への割り込みや急ブレーキ時の急制動も感知して自動録画する機能も備えています。

 カメラの性能は、フロント/リアともに、約200万画素のフルHD(1920×1080P)。水平画角はフロント130度、リア112度と異なっていますが、これはフロントではより多くの情報を記録し、リアは後続車の状況を記録するという、役割の違いを反映しているためです。

「VREC-DZ800DC」の発売は2022年6月を予定。あったらいいな、という機能を満たしたドライブレコーダーを求めているユーザーや、より高性能なドライブレコーダーに買い替えたい、というユーザーには最適ではないでしょうか。

【画像】あおり運転に遭遇!そのとき最新ドライブレコーダーはどう反応した?(12枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント