ガソリン7週連続値下がり! レギュラー平均168.2円 ただし補助金がなければすでに200円超え!?

資源エネルギー庁がガソリン店頭価格を発表しました。7週連続の値下がりです。

前回から0.6円値下がり

 資源エネルギー庁は2022年6月1日、レギュラーガソリンの5月30日時点の店頭小売価格(消費税込)を発表しました。

 全国平均は1リットルあたり168.2円で、前回(5月23日)から0.6円安くなりました。

 7週連続の値下がりです。

ガソリン価格の高騰が続いている
ガソリン価格の高騰が続いている

 県別にみると、福島・群馬・長野・島根・長崎の5県で値上がり、山形・富山の2県で横ばいでしたが、ほかの40都道府県では値下がりしています。

 店頭価格でもっとも安かったのは埼玉県で161.4円、次いで岩手県161.5円、宮城県162.3円です。

 一方、もっとも高かったのは長崎県で181.5円、次いで大分県178.3円、沖縄県177.5円でした。

※ ※ ※

 ガソリン価格の高騰を受け、政府は石油元売り企業に補助金を出す価格抑制策を実施。ガソリン、軽油、灯油、重油を対象に2022年1月27日から1リットルあたり5円、3月10日から25円を上限として支給しています。

 しかし依然として価格高騰が続いているため、政府は4月26日、原油価格・物価高騰等総合緊急対策を発表。

 原油価格については1兆5000億円を充当し、ガソリン補助金の上限を1リットル当たり25円から35円に引き上げ、さらにそれでも全国平均ガソリン価格が1リットル170円を超過したら、その分の2分の1を支援すると発表しています。

 なお、経産省によると、補助金がない場合のレギュラーガソリンの全国平均小売価格は、5月30日時点で1リットル207.6円と算出しており、来週6月6日時点では206.5円になると見ています。

 補助金の支給単価は36.1円でしたが、あす2日からは36.7円に改定する方針です。

【画像】来週の予測価格と県別平均価格、クルマのトラブル防止を画像で見る!(22枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 定期的に訪れている沖縄県のガソリン価格って、地元の車とレンタカーとでガソリン価格が異なるのに憤慨しています。道路から見える位置に価格掲示しているのもほとんど見ない。
    この価格差も、沖縄県の価格に ” 寄与 ” しているのか。

  2. 石油元売りに税金注ぎ込んでも、元売り企業の懐が潤うだけ。
    史上最高益になるだけだ。
    それより、そんな事に税金を使うなら、さっさと電気自動車の充電インフラや電力電源への投資、電気自動車への補助金で普及させてしまう方が中長期で見て経済活力になると思うけどなあ。
    少なくとも、ガソリン価格の補填は、利用者が確定申告で還付してもらう方式で良いと思う。
    高くても気にしない裕福層もいるし、法人は税制で調整すれば良い。
    当方は電気で走るから200円突破してもさほど影響ない。