「偉い人」が座る「上座」はどの位置? 悩ましい「タクシーマナー」 重要なのは柔軟な思考?

ビジネスにおいては、タクシーを使うほうがメリットある?

 ただ、新社会人がビジネスの場においてタクシーに乗る機会というのは、実際にはそれほど多くはないかもしれません。

 新社会人に限らず、一般社員が自由にタクシーを利用することを認めている企業は少数派です。

 いうまでもなく、多くの企業がタクシーでの移動を積極的に許可しない最大の理由は、コストにあります。

 例えば、渋谷駅から東京駅まで移動する場合、JRを利用すれば片道200円で済みますが、タクシーを利用すると2500円程度は見ておかなければなりません。

 複数人で乗ればその分一人あたりのコストは軽くなりますが、それでもコスト面を考えれば、鉄道などの公共交通機関を利用するのが合理的です。

ビジネスでは「タクシー」を使ったほうが良い場合もある?
ビジネスでは「タクシー」を使ったほうが良い場合もある?

 一方、場所によってはタクシーのほうが効率的という例は少なくありません。

 例えば、渋谷から六本木へと移動する場合、鉄道では恵比寿駅を経由して約20分の時間と310円の費用がかかります。

 もし、出発地と目的地が駅からそれぞれ10分程度の場所であった場合、ドア to ドアでは40分以上かかることになります。

 しかし、タクシーを利用すると道路状況にもよりますが所要時間は約10分、料金は約1000円程度です。

 さらには、出発地から目的地までほぼダイレクトに移動できるため、トータルの所要時間は15分程度です。

 正社員の場合、会社が従業員ひとりに掛かるコストを時給換算すると、どんなに低く見積もっても1時間あたり2000円程度になります。

 そのため、40分かけて移動すると、人件費は1334円、310円の交通費と合わせて1674円のコストとなります。

 一方、タクシーを利用すれば人件費は500円、1000円のタクシー代と合わせて1500円のコストで済みます。複数名で移動すればさらにタクシーのほうが低コストになります。

 会社の第一目標が利益追求であることを考えると、このようなケースではむしろタクシーを使ったほうが会社のためになるといえます。

 加えて、タクシーのなかでは電話をしたり、簡単な打ち合わせをしたりといったことも可能です。

 もちろん、都内の地理や交通事情を理解していないと、タクシーのほうがかえって時間がかかってしまいます。

 その点では、時間を計算しやすい鉄道が有利であり、タクシーはリスクがあることには注意が必要です。

 それでも、上手に利用すればタクシーはビジネスに大きな武器になります。

※ ※ ※

 プライベートでは、終電を逃した場合や遅刻しそうな場合など「やむを得ない時」に利用するイメージが強いタクシーですが、ビジネスにおいては「タイム・イズ・マネー」を体現する非常に重要な存在です。

 このように考えると、タクシーを上手に利用できるようになることは、優れたビジネスマンの必須スキルと言えるかもしれません。

【画像】マジ? 対面タクシーの「上座はどこ?」 悩む巨大タクシーの内装を見る!(16枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. イマイチ意味の分からない記事。
    いや別のどーでもいいし、それぐらいは想像すればわかる内容の記事。