ホンダの「隠れステップ」発見!? 新型「ステップワゴン」の意外な場所に秘密があった! SNSで話題の小粋な仕掛けとは

ホンダ新型「ステップワゴン」には、内外装に「隠れステップワゴン」の仕掛けがあるといいます。そのうちのひとつを紹介します。

「隠れステップワゴン」ほかにもある?

 ホンダは2022年5月27日に、新型「ステップワゴン」を発売しました。ステップワゴンとしては7年ぶりの全面刷新となります。

 先行展示イベントや販売店などで、実際に新型ステップワゴンに触れたユーザーも日々多くなっているなか、一部のユーザーの間では「隠れステップワゴン」の存在が話題となっています。今回は、そのなかでも目に付きやすい場所をひとつ紹介します。

「隠れステップワゴン」とは?
「隠れステップワゴン」とは?

 今回6代目となった新型ステップワゴンですが、爆発的ヒットを記録した初代モデルは1996年に登場。

 またFFレイアウトのミドルサイズミニバンとして、ステップワゴンは先駆者的存在といえます。

 そんななか新型ステップワゴンでは、遊び心があふれ出る「隠れステップワゴン」が内外装に配されています。

 あるSNSユーザーは、助手席側に隠されている歴代ステップワゴンのシルエットを発見し、投稿しています。

 新型ステップワゴンの助手席側ダッシュボードには、収納スペースとして「インパネトレー」を備えています。

 このインパネトレーは、ゴム製のマットが敷かれていますがこのマットを取り外して、裏側を見ると初代、2代目、3代目、4代目、5代目そして6代目のシルエットが描かれています。

 なお、このマットの表面にはいくつかの凸部が設けられていますが、この凸部の感覚はちょうどミニカーを並べられるサイズになっており、子供連れの家族に向けた粋な演出です。

 また、これ以外にも「隠れステップワゴン」は内外装にいくつか存在するようで、オーナーにとってもますます愛着が湧く仕掛けになっているといえるでしょう。

 ホンダは、ラインナップしているモデルに「隠れ●●」という遊び心を設けることが多く、ウインドウ部分にシルエットが隠れていることや、歴代モデルのロゴが配置されるなど、開発者の想いが詰まっています。

 今回の新型ステップワゴンでも「隠れ●●チーム」なるものが発足して、どのようなものを仕込むかを話したといいます。

 このような、歴代ステップワゴンへのリスペクトさえ感じる粋な演出は、所有するオーナーにとって嬉しいものかもしれません。

ホンダ・ステップワゴン のカタログ情報を見る

【画像】「隠れステップワゴン」とは? 実車の画像で見る(52枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント