「軽自動車キラー」誕生なるか!? 「48V ライト eシティーカー」国内初公開! 「48V eAccess」特徴は?

自動車部品サプライヤーのヴァレオは「人とくるまのテクノロジー展2022」で、同社のデモカー「48V ライト eシティーカー」をジャパンプレミアしました。

ヴァレオが「人とくるまのテクノロジー展2022」に出展

 自動車部品サプライヤーのヴァレオは、2022年5月25日から27日までパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2022」に出展、同社のデモカー「48V ライト eシティーカー」を国内初公開しました。

「ヴァレオ48V eAccess」を搭載したデモカーと説明しますが、今後どのような車種への搭載を見込んでいるのでしょうか。

ヴァレオのデモカー「48V ライト eシティーカー」
ヴァレオのデモカー「48V ライト eシティーカー」

「ヴァレオ48V eAccess」は、48Vベルト駆動式スターター・ジェネレーターをベースにしたフル推進システムです。

 同システムを搭載した車両は、最高時速100kmで、CO2を排出せず100kmの航続距離を走行できるとヴァレオは説明します。

 電動車のソリューションとして手頃な価格を実現し、また取り付けが簡単というメリットがあり、とくに都市部や郊外での使用に適しているということです。

 海外ではシトロエン「アミ」の搭載実績などがあります。

 ヴァレオの担当者は、同システムについて「48Vハイブリッドシステムとしても既に海外で採用実績があり、60V以下で電圧安全制限も無い点も含め、コスト的にも有利です」と話します。

 軽自動車の代替としても注目される超小型モビリティでの新規採用も含め、同システムの今後の動向が注目されます。

「人とくるまのテクノロジー展2022」のヴァレオブースでは、ほかにも「ヴァレオスマートeDrive」「ヴァレオ充電ステーション」「電動コンプレッサー45cc」などが国内で初めて展示されました。

【画像】今後どんな“軽自動車キラー”に採用されるのか!?「48V eAccess」搭載したデモカー「48V ライト eシティーカー」を画像で見る(14枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント