インテリアはまるで別モノ! BMW新型「3シリーズ」欧州で登場!! セダン/ツーリングが同時に変更

BMWの基幹モデル「3シリーズセダン」と「3シリーズツーリング」が欧州でマイナーチェンジ、2022年7月より発売されます。注目は大きく変更されたフロントマスクと、「iX」譲りの湾曲したディスプレイを持つインテリアです。

iXにも搭載された「カーブドディスプレイ」を初採用

 独BMWは2022年5月18日、「3シリーズ」セダンおよびツーリングをマイナーチェンジしました。

BMW改良新型「3シリーズセダン」
BMW改良新型「3シリーズセダン」

 3シリーズは初代が1975年に登場したBMWの主力Dセグメントモデルで、現行型はG20(セダン)/G21(ツーリング)というモデルネームで呼ばれる7世代目となります。

 2018年のパリモーターショーでデビュー、日本では2019年1月(ツーリングは同年9月)に発表されています。

 今回は初のマイナーチェンジとなり、外観ではフロントマスクのデザインを大幅に変更。よりスリム化された標準のフルLEDヘッドライトはデイタイムランニングライトが逆L字型に配置され、モダンな雰囲気を醸し出しています。またキドニーグリルのデザインも変更されています。

 リアエプロンのデザインも変更。より洗練されています。またエキゾーストシステムのテールパイプフィニッシャーは、エンジンバリエーションに応じて直径90mmから100mmとなります。

 Mスポーツパッケージではハニカムパターンのキドニーグリルや新デザインのフロント/リアエプロン、前後異サイズの18インチホイールなどが新しくなっています。

 今回新たにMスポーツパッケージ・プロがオプションに設定されました。Mスポーツパッケージ装着車やMパフォーマンスモデルで選択可能なこのパッケージオプションは、MハイグロスシャドウライントリムやMライトシャドウライン、赤いキャリパーを備えたMスポーツブレーキシステムが含まれています。

 インテリアでは、「iX」で初採用されたBMWカーブドディスプレイを新たに標準採用しているのがトピックです。ステアリングホイールの後ろにある12.3インチのインフォメーションディスプレイと、14.9インチのコントロールディスプレイが高解像度のユニットに統合されています。

 iDriveは最新世代のオペレーティングシステム8を搭載。アップルカープレイやアンドロイドオートなどスマホとの連携も可能です。

 さらに8速ティプトロニック(8速AT)トランスミッションのセレクターレバーも小型化され、新しいデザインになっています。センターコンソールにはスタート/ストップボタン、iDriveコントローラー、ドライビングエクスペリエンスコントロールボタン、パーキングブレーキが配置されます。

 エアコンは3ゾーン調整機能を備えた自動制御システムが標準装備されます。これらは音声コマンドでも操作可能です。

 ラインナップは従来の3シリーズと同様で、48Vマイルドハイブリッドシステムを備えたガソリン/ディーゼルの内燃エンジンとプラグインハイブリッドも用意されます。

※ ※ ※

 ドイツでの車両価格は3シリーズセダンが4万3900ユーロ(日本円で約591万円。ドイツの付加価値税VAT19%込、以下同)、3シリーズツーリングが4万5000ユーロ(約607万円)です。

 改良新型3シリーズの、日本での発表時期は明らかになっていません。

BMW・3シリーズ のカタログ情報を見る

こんなに変わった! BMW改良新型「3シリーズ」を画像でチェック(33枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント