3年ぶりのリアル! 日本最大の自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2022」開幕

2022年5月25日から5月27日までの3日間、日本最大の自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2022 YOKOHAMA」が開催されます。

25日より「人とくるまのテクノロジー展2022 YOKOHAMA」開催

 公益社団法人 自動車技術会は2022年5月25日から5月27日までの3日間、「人とくるまのテクノロジー展2022 YOKOHAMA」をパシフィコ横浜(横浜市)にて開催します。

3年ぶりのリアル開催をおこなう「人とくるまのテクノロジー展2022 YOKOHAMA」
3年ぶりのリアル開催をおこなう「人とくるまのテクノロジー展2022 YOKOHAMA」

「人とくるまのテクノロジー展」は日本最大の自動車技術展です。自動車産業の第一線で活躍するエンジニアのための自動車技術専門展として1992(平成4)年に始まりました。このコロナ禍で中止やオンライン化を余儀なくされたものの、今回の「人とくるまのテクノロジー展2022 YOKOHAMA」で、リアル開催は3年ぶり29回目となります。

 また同時に、オンラインイベント「人とくるまのテクノロジー展2022 ONLINE STAGE1」も開催され、こちらは2021年5月31日までの日程となっています。

 今回はトヨタやマツダなどの自動車各メーカーをはじめ、デンソーやボッシュ、日立アステモや旭化成などのサプライヤーメーカーなど自動車関連企業484社(オンラインのみ27社)が出展するとのことです。

 なお、来場には公式サイトにて事前登録が必要で、感染症対策の観点から当日現地での登録受付は実施しない予定です。

 開場時間は、25日(水)、26日(木)が午前10時から18時、27日(金)が午前10時から17時となっています。入場およびオンラインイベント閲覧はすべて無料です。

【画像】3年ぶりのリアル開催!「人とくるまのテクノロジー展2022 YOKOHAMA」をもっと見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント