「シオ顔 vs ギラ顔」新型ステップワゴンとヴォクシーは“味付け”正反対!? ミニバン販売競争の行方は?

トヨタの新型「ノア」「ヴォクシー」、ホンダの新型「ステップワゴン」が相次いで発表されたことで、2022年はミニバンの当たり年となりそうです。共に主力モデルとあって、激しい販売競争が予想されます。どちらが勝つのでしょうか。

「あっさり系のホンダ」と「こってり系のトヨタ」対極に分かれた新型ミニバンのデザイン性

 2022年1月に先行公開されていたホンダの主力ミニバン、新型「ステップワゴン」が、5月26日に正式デビューする見込みです。
 
 同じ1月に発売を開始したトヨタのライバル車、新型「ノア」「ヴォクシー」が非常に押しの強い「こってり系ギラ顔」フロントマスクだったのに対し、大きく方向性が異なる「あっさり系シオ味」デザインで話題となりました。
 
 あらためて2大メーカーによる最新ミニバンのデザイン性について比較してみましょう。

(左)「あっさりシオ顔系」ホンダ 新型「ステップワゴン SPADA」/(右)「こってりギラ顔系」トヨタ 新型「ヴォクシー」
(左)「あっさりシオ顔系」ホンダ 新型「ステップワゴン SPADA」/(右)「こってりギラ顔系」トヨタ 新型「ヴォクシー」

 2022年1月13日に発売を開始したトヨタの新型ミニバン、ノア/ヴォクシー。

 最新のTNGA GA-Cプラットフォームを採用し、パッケージングも一新。室内空間は拡大され、シートアレンジも大きく改善されました。

 なによりも、先代以上に押し出しの強い大型フロントグリルが主張する「こってり系」なギラ顔デザインで話題を呼びました。

 トヨタの開発者は、新型ノアを「堂々・モダン・上質」「王道・アグレッシブ」のキーワードで説明します。

 対する新型ヴォクシーは「先鋭・独創」としており、その違いはフロントデザインにも色濃く反映されていました。

 デビューした直後は、SNS上では特に新型ヴォクシーに対し「ギラギラしたデザインだ」「ドヤ顔すぎる」などの声を目にしました。

 しかしその後新型を街でも目にする機会が増え、見慣れてきたせいか「カッコいい」「なかなか良い」などの声も増えてきた印象です。

 事実、新型ノア/ヴォクシーはデビュー早々好調な立ち上がりとなっています。

 一般社団法人 日本自動車販売協会連合会(自販連)調べによる2022年3月の販売台数は、2モデル合わせて1万4737台。翌4月にも1万404台を記録しています。

 5月中旬現在、コロナ禍による部品不足の影響とも相まって、納車には早くとも半年以上かかるとトヨタの公式サイトには記載されており、グレードや仕様によってはさらに長い納期がかかる模様です。

 現在のところ、新型ノア/ヴォクシーの力強いデザインも、ユーザーから好評をもって受け入れられている、とみて良いでしょう。

【画像】「あっさり vs こってり!?」新型ステップワゴンとヴォクシーが違いすぎ! 最新ミニバンを写真で見比べてみる(33枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

トヨタ 新型ヴォクシー
1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント