現代に蘇ったワーゲンバス VW「ID.バズ」欧州で登場! 価格は735万円から

注目の電気自動車(EV)、VW「ID.バズ」のプリセールスが欧州で開始されます。まず登場するのはハイスペックバージョンで、航続可能距離は最大421kmとなるといいます。

5人乗り「ID.バズ」と3人乗りバン「ID.バズ カーゴ」の2種類

 独フォルクスワーゲン(VW)は、2022年5月20日からドイツとほとんどのヨーロッパ市場で「ID‥BUZZ(ID.バズ)」および「ID.BUZZ CARGO(ID.バズ カーゴ)」のプリセールスを開始すると発表しました。

VW「ID.バズ」
VW「ID.バズ」

 ID.バズは、2017年1月に開催された北米国際自動車ショー(NAIAS=デトロイトショー)でコンセプトモデルが世界初公開されたフルEVで、VWグループのEV向けモジュラープラットフォーム「MEB」を採用しています。

 1950年に初代モデルが発売され、日本では「ワーゲンバス」、米国では「マイクロバス」、欧州では「ブリー」の愛称で親しまれる往年の名車、「タイプII」をデザインモチーフとして採用したコンセプトモデルのデザインを製品バージョンに忠実に再現したことも注目です。

 ラインナップは5人乗りの「ID.バズ」のほか、3人乗り商用車の「ID.バズ カーゴ」の2種類があり、標準ホイールベース(2988mm)バージョンが登場します。全長4711mm×全幅1985mm×全高1937mmというボディサイズになります。

 最初に市場導入されるのは、ハイスペック・プロバージョンとなり、204馬力・310Nmを発生するモーターと77kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載します。

 これにより、航続距離は最大421km(ID.バズ カーゴは424km)となります。最大170kWの急速充電器に対応、この場合はバッテリー残量5%から80%まで充電するのに30分でおこないます。

 ID.バズのドイツでの車両価格は6万4581.30ユーロ(日本円で約872万円。19%の独付加価値税VAT込、以下同)、ID.バズ カーゴは5万4430.60ユーロ(約735万円)です。ドイツでの環境補助金は最大7500ユーロ(約101万円)で、さらに10年間の車両税免除がおこなわれます。

フォルクスワーゲン・タイプII の中古車をさがす

日本ではいつ登場? VWの新型EVミニバン「ID.バズ」を画像でチェック(36枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 高すぎるけど仕方ないんだろうな

  2. 何という醜悪なデザインだろう!ワーゲンバスの良さを何も理解していない。
    これならオマージュたるダイハツキャンパスの方が何倍も良い。

  3. EVを否定するつもりはないが、全くロマンを感じない。0-100mを2秒で走ろうが、1秒台で走ろうが、今までやらなかったからできただけと思える。今後は、0-100mでのポイントは、当然1秒未満で、0.001秒単位の差になってきて、技術の差が出てくるのではないでしょうか(1位0.888秒、2位0,889秒で3車両がタイって感じ?)。いかに浮かせないかがポイントになるような気がする。内燃機関であれば、何百とある一つ一つの部品をいかに工夫するか、1つ1つの部品は良くても、それをくみ上げてなしえるバランスの良さではっきりと結果が変わる。ロマンを感じる。