新型ミニバン購入決め手は「2列目にあり!?」最新ノア/ヴォクvsステップワゴン何が違う?

ホンダ「ステップワゴン」やトヨタ「ノア/ヴォクシー」など、2022年は新型ミニバンのデビューラッシュイヤーとなっています。購入を検討するユーザーはどのような部分を重要視しているのでしょうか。

燃費やデザインも気になるけど…実際に乗る後席ユーザーの快適性も重要

 2022年5月26日、ホンダから新型「ステップワゴン」が正式発表されます。
 
 1月13日にはトヨタから新型「ノア/ヴォクシー」が先行発売済みと、相次いでフルモデルチェンジされる国産ミニバン。
 
 ユーザーが気になるポイントは、2列目シートにあるといいます。どういうことでしょうか。

トヨタ 新型ヴォクシー
トヨタ 新型ヴォクシー

 一般的にミニバンとは、3列シートレイアウトのワゴンモデルを指します。広い室内空間をもち、ファミリー層を中心に支持を集めています。

 ユーザーはミニバンを購入する際、どんな点を重視して選択するのでしょうか。

 低燃費性能や外観デザインなども重要ですが、家族会議で主な争点となるのは、2列目シートの快適性だといいます。

 それを裏付けるかのように、新型ノア/ヴォクシーの上位グレード「S-Z」「Z」には、2列目のキャプテンシートに、シートヒーターとセットでオットマンをオプション設定し、人気の装備になっています。

 新型ノア/ヴォクシーの販売をおこなう首都圏近郊のトヨタ販売店スタッフは、商談の様子について教えてくれました。

「最初はご主人が話を熱心に聞いてくることが主流です。ひと通り試乗などしていただき、実車の走りや内外装など満足していただくのが第一段階です」

 しかし商談が進むにつれ、実際にお財布を握ることが多い奥さんの意見も強まってくるそう。

 家族がこれまで乗っていた自家用車のタイプにもよりますが、家族で出かける際、運転席は旦那さんに、奥さんと子どもは後席に乗るのが今も昔も主流です。

 そのため、最新のミニバンを購入することによって、後席の快適性がいかにあがるかをアピールするのだといいます。

「後席(2列目シート)の居心地や使い勝手について、主に奥様へ丁寧に説明します。すると『(これまでの愛車より)ずいぶん快適になりそう』『便利でよさそう』などと好印象をもってもらえ、その後の商談の成否にも大きく影響するのです」(前出のスタッフ)

※ ※ ※

 一方で5月26日に正式発表となる新型ステップワゴンには、シンプルなデザインが特徴の「ステップワゴンAIR(エアー)」と、カスタムグレード「ステップワゴン SPADA(スパーダ)」、その上位グレード「SPADA PREMIUM LINE(プレミアムライン)」がラインナップされています。

 そのうち、スパーダ系の各2列目キャプテンシートにはオットマンが標準装備され、さらにプレミアムラインにはシートヒーターも備わります。

 新型ノア/ヴォクシーと共に、各新型ミニバンにはオットマンが新採用されたことになります。

 オットマンは、これまでトヨタ「アルファード」やホンダ「オデッセイ」など、ひとクラス上の高級ミニバンでしか選べないことを考えると、いかに贅沢な装備が加わったかがわかります。

 新型ノア/ヴォクシーや新型ステップワゴンの2列目シートには、このほかにもUSB充電ポートや大型テーブル、ロングスライド機構など多くの快適機能をそれぞれ有し、後席を利用するユーザーにも強くアピールしています。

 前出の販売スタッフによると、販売店オプションでさらに後席用の大型モニターを注文するケースも多いといいます。

 ミニバンを検討する際には、後席の快適性をいかに高められるかが、購入決定時の大きなカギとなっているのは間違いなさそうです。

トヨタ・ノア のカタログ情報を見る

トヨタ・ヴォクシー のカタログ情報を見る

ステップワゴン のカタログ情報を見る

【画像】「比べると全然違うやん!」最新ノア/ヴォクとステップワゴンの2列目シートを写真で見比べてみる(30枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

トヨタ 新型ヴォクシー
トヨタ 新型ヴォクシー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 何も考えずにすぐトヨタって人、
    多いよな。

    • トヨタ嫉妬民乙!