2022年GWは予期せぬ“車のトラブル”多発!? JAF受付件数は2021年より増加傾向に? JAFが公表

JAFが公表した2022年のGW期間中のロードサービス受付件数は、前年に比べ増加傾向に。どれくらい増加したのでしょうか。

2022年のGWはロードサービス件数が「増加」

 JAF(日本自動車連盟)は、GW期間中(2022年4月29日から5月9日)のロードサービス受付件数を5月12日に公表しました。

JAFが2022年GWのロードサービス受付件数を公表! (画像はイメージ)
JAFが2022年GWのロードサービス受付件数を公表! (画像はイメージ)

 受付件数は、一般道6万4600件、高速道路・自動車専用道路2538件で合計6万7138件となり、前年同期と比較し3570件増加しました。

 なお、2021年のGW期間は、一般道6万1644件、高速道路・自動車専用道路1924件で、合計6万3568件でした。

 日別に受付件数を見ると、11日の期間のうち前年を超えたのは計7日間です。なかでも受付件数が最も多かったのは、5月4日の6692件でした。

 実施件数(確定値)は後日ウェブサイトで公開される予定です。

【画像】2022年のGWはトラブル多発!? 2021年のJAF受付件数と比べて見てみる(12枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント