日産が「走るオフィス」を本気で開発! 2022年度内発売へ「テレワーク専用車」の狙いとは?

日産とオフィス家具メーカーのイトーキがコラボレーションして、モバイルオフィスカーを開発しました。2022年度内に日産ディーラーで発売予定だといいますが、一体どんなクルマなのでしょうか。

モバイルオフィスカー「MOOW」で快適にテレワーク!

 謎のクルマ「MOOW(ムーウ)」。

 日産が2022年4月13日、突如プレスリリースを出したことで自動車業界やユーザー野にならず、オフィス家具業界でも大きな話題になっています。

 なぜならば、ムーウは、日産とオフィス家具大手のイトーキがコラボして誕生したからです。

日産とイトーキが開発した走るオフィス「MOOW(ムーウ)」
日産とイトーキが開発した走るオフィス「MOOW(ムーウ)」

 このムーウは、日本初上陸となったドイツ発のオフィス家具イベント「オルガテック東京2022」(2022年4月26日から28日、東京ビッグサイト)で世界初公開されました。

 開催初日に会場を訪れてみましたが、これまでのオフィスというイメージが大きく変わるような、斬新な発想のデザインや機能を持った製品を作る国内外メーカーが数多く集結。オフィス家具の業界関係者でなくても十分楽しめる展示が目立ちました。

 2020年から続く新型コロナ禍で、人の働き方やライフスタイルが大きく変化し、オフィス内で過ごすこと、そしてリモートワークのあり方など、世の中はいま大きな変革の真っ最中であることを、会場内を巡りながら痛感しました。

 そうしたなか、イトーキのブースの一角にムーウの姿を発見。ベースは日産の商用車「NV200バネット」で、その後席と荷室部分を架装しています。

 基本的に一人用を想定しており、後部スペース内で座る場所は運転席の真後ろなのですが、椅子の向きを斜め方向にしているのが特徴です。

 実際に座ってみましたが、少し後傾姿勢になります。イトーキの関係者は「人間工学に基づいて、疲れにくい姿勢を考慮しました」と話します。

 そのシートの前には水平方向にスライドするテーブルを設置。決して大きくありませんが、小型PCを置いたり、食事を取ったりするには十分な大きさだと感じました。

 シートの左前の壁側には、車内の間接照明や手元のスポットライトなどをオンオフするスイッチが3つ設置されています。

 また、車両後方の左奥には折り畳み式の台があり、たとえばリラックスしたいときには足を置くオットマンとして活用できるそうです。

 そのほか、シートの斜め左前にある背の高いボックス状のものも特徴のひとつで、ここにはエンジンを切った状態でも使える冷暖房装置が内蔵されています。

 日産の開発関係者は、「電源として『リーフ』と同じ(エンビジョンAESC製の)リチウムイオン電池を電気容量3.3kWh搭載しています」といいます。

 これは、走行中の充電が可能なので、ハイブリッド車やプラグインハイブリッド車から外部給電するようなイメージでしょう。

【画像】走るオフィス「ムーウ」でテレワーク!? 車内がほぼベッドの「マイルーム」がスゴイ!(21枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント