斬新グリルレス「高級SUV」世界初公開! ハンドル形状にも興味アリ? レクサス新型「RZ」の反響は?

レクサスはブランド初のEV専用車「RZ」のオンライン発表会を2022年4月20日におこないました。販売店への反響はどれほどのものなのでしょうか。

「ついに出たね!」新型「RZ」登場で販売店にはどんな反響があった?

 2022年4月20日、レクサスはブランド初となるEV専用車、新型「RZ」のオンライン発表会をおこないました。
 
 今後のレクサスを担うといっても過言ではない新型RZですが、販売店への反響はどれほどなのでしょうか。

「スピンドルグリル」あらため「スピンドルボディ」を採用したレクサス新型「RZ450e」
「スピンドルグリル」あらため「スピンドルボディ」を採用したレクサス新型「RZ450e」

 発表会の様子は19時頃YouTubeにアップされ、レクサスインターナショナルプレジデントである佐藤恒治氏と、新型RZの開発責任者である渡辺剛氏が登場。

 佐藤氏は、これからのレクサスの電動化の在り方について示し、新型RZの詳細については、渡辺氏が説明をおこないました。

 渡辺氏は、新型RZを「レクサスの電動化の未来を体現したモデルです」として、「静かで心地よく、クルマとの一体感を感じられる、リニアでダイレクトな走り」が魅力だと話しました。

 そんな新型RZは、エクステリア、インテリアともに斬新なデザインとなっていることで話題に。

 エクステリアでは、レクサスのシンボルともいえる「スピンドルグリル」をグリルレスの「スピンドルボディ」へと進化させました。

 グリルが不要なEVであっても、従来のレクサスのデザインを継承できるようになっています。

 また、インテリアでは、低めに配置されたコンソールによる、運転席から助手席までの開放感が魅力で、室内が広々とゆとりのある空間に見えるよう設計されています。

 さらに、話題となっているのがステアリングの形状で、運転者の目線移動を最小限にするため、通常の円形ではなく左右に持ち手が分かれた異型ステアリングを採用。この次世代のハンドルにSNSでも多くのユーザーから興味津々な声が見られました。

 そして、BEV専用に新開発されたプラットフォームに加え、運転や路面の状況に応じて、前後の駆動力をコントロールする4輪駆動力システム「DIRECT4」など、レクサスならではの乗り味「Lexus Driving Signature」を実現するあらゆる技術が集結しています。

 安全性や運転快適性もさらに見直され、レクサスの先進予防安全技術「Lexus Safety System +」や、高速道路などでの長距離移動も快適に支える「Lexus Teammate」などが搭載されています。

 このように、見どころが満載の新型RZですが、オンライン発表会からまだ間もない現在、販売店への反響はどのくらい寄せられているのでしょうか。

 首都圏のレクサス販売店の担当者は次のように話してます。

「発表翌日、早速問い合わせをいただき、発売日や価格といった詳細の質問を受けました。

 まだ発表後間もないため、さほど問い合わせはいただいていませんが、今週土日(4月23・24日)は来店されるお客さまも増えるのではないかと予想しています」

 また、中部圏のレクサス販売店の担当者も「ちょうど発表後に来店されたお客さまは、『ついに出たね!』と興奮されてるご様子でした」と話し、「電話での問い合わせなどはまだありませんが、詳細発表後は増えると考えています」と予測しています。

 担当者が話すように、実は、新型RZの発売日や価格、燃費やボディサイズといった数値的な情報はまだ公開されていません。

 販売店へも詳細情報は伝達されていないとのことで、ユーザーが情報を得られるまでには、まだ時間がかかりそうです。

 なお、SNSでもオンライン発表会を見たユーザーからは「価格や発売日は?」「価格は公開されないのか…」との声が挙げられており、新たな情報の公開が待たれます。

※ ※ ※

 具体的な日程は不透明ですが、レクサスでは新型RZを「今年の後半からお届けできる予定」としている一方で、欧州レクサスでは発表同日から予約を開始しています。

 また、日本での発表では正式な車名(グレード名)が公表されていませんが、公式画像のナンバープレートや欧州では「RZ 450e」と表記していおり、グローバル市場でRZ 450eとして展開される可能性が高いといえます。

【画像】この斬新ハンドルは運転し易いの? 新型「RZ450e」出た! 高級SUVの存在感を見る(26枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント