レクサス新型「RZ」早くも英で予約開始! 操縦桿みたいな斬新ハンドル搭載車は2023年発売へ

2022年4月20日に世界初公開されたレクサス新型「RZ」。同日より英国で先行予約が開始しました。新型RZとはどのようなモデルなのでしょうか。

英国ではふたつのグレードが設定される

 レクサスの英国部門は、SUVタイプの新型バッテリーEV「RZ 450e(以下RZ)」を2022年4月20日に発表し、同時より英国を含む欧州にてオンラインで先行予約を開始。2022年末に発売される予定です。

2022年4月20日に世界初公開されたレクサス新型「RZ」
2022年4月20日に世界初公開されたレクサス新型「RZ」

 レクサス初のEV専用車である新型RZは、従来のエンジンの代わりにバッテリーEVを搭載しただけのクルマではなく、「レクサス・エレクトリファイド」の思想に基づき、性能と走る歓びを向上させる新技術を採用しました。

 新型RZは、何よりもまずレクサスであることを重視し、レクサスブランドとしての性能とクラフトマンシップによる高い品質を備えています。

 また、これまでレクサスが手掛けてきた電動化の豊富な経験を活かし、BEVのメリットとレクサスブランドならではの洗練された走りを両立させました。

 例えば、ステアバイワイヤによる異型ステアリング(2023年中に英国で発売)や、レクサスの新しい全輪駆動トルクコントロール「DIRECT4」と連動するフロントとリアのe-Axleを備えた先進のドライブトレインを採用。

 優れたボディ剛性や、低重心、ロングホイールベースをもたらす新しい電気自動車専用プラットフォーム「e-TNGA」により、優れたハンドリングと応答性を実現します。

 強力なリチウムイオン電池ユニット(71.4kWh)は、シャシの床下に搭載。一充電当たりの航続距離は約450km(WLTCモード・開発目標)としました。

 エクステリアは、レクサスの象徴であるスピンドルシェイプを車体に再解釈した「スピンドルボディ」を採用。インテリアは、レクサスのおもてなしの心と匠の技を表現した、シンプルかつラグジュアリーな明るく開放感のある空間としました。

※ ※ ※

 英国で先行予約が開始された新型RZは、同市場では「RZ 450e プレミアムプラスパック」と「RZ 450e TAKUMI」のふたつのモデルが用意されます。

 プレミアムプラスパックは合成皮革張りのシートやパノラマルーフ、ヘッドアップディスプレイ、パノラマビューモニター、パワーバックドアなどを標準装備しました。

 さらに上級仕様のTAKUMIは、ウルトラスエード張りのシートや調光可能なパノラマルーフを採用。64色のインテリアアンビエント照明にマークレビンソンプレミアムオーディオのほか、自動駐車機能や車外から遠隔駐車ができる先進装備が搭載されます。

 新型RZの英国での価格は2022年8月に発表される予定です。

【画像】飛行機のコクピットみたい!? 異型ハンドルが超斬新なレクサス新型「RZ」初公開!(26枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント