斬新ハンドル採用!? レクサス 高級新型SUV「RZ」はどんな仕様で登場? シフト形状も超独特!

レクサスは新型「RZ」の詳細を2022年4月20日に初公開しました。先進性溢れるデザインや装備が特徴のひとつですが、どのようなSUVとして登場するのでしょうか。

レクサス初のダイヤルシフトノブを採用

 レクサスは、新型「RZ」を2022年4月20日に世界初公開し、日本仕様(プロトタイプ)の主要諸元も一部明らかにしました。

 レクサスブランドとして初のEV専用車となりますが、どのようなスペックで登場するのでしょうか。

レクサス新型「RZ」
レクサス新型「RZ」

 SUVタイプのボディを持つ新型RZは、サイズが全長4805mm×全幅1895mm×全高1635mm、ホイールベースは2850mmです。

 EV専用プラットフォーム「e-TNGA」を採用したほか、バッテリー・モーターの最適配置や軽量かつ高剛性なボディの実現により、車両の基本性能を大幅に進化させたといいます。

 なお、新型RZ以外に「e-TNGA」を採用するEVとして、トヨタブランドから5月12日に発売される(個人向けはKINTO限定)新型「bZ4X」が存在しますが、こちらはボディサイズが全長4690mm×全幅1860mm×全高1650mm。

 新型RZの方が、ひと回り大きいEVとして登場します。

 新型RZの外観は、レクサス車のファミリーフェイス「スピンドルグリル」が進化し、「スピンドルボディ」という塊感のあるボディと一体となった造形を採用。

 内燃機関の冷却などの必要がないEVの機能的な進化や更なる空力性能向上を目指し、新たなデザインの方向性とEVらしさを両立させたデザインが採用されています。

 内装について、ステアリングの仕様は2種類存在。一般的な円形ステアリングのほかに、操縦桿のような非円形ステアリングの仕様も用意されます。

 新しいドライビング体験をもたらすステアバイワイヤシステムの採用だけでなく、シフトバイワイヤも採用し、レクサス初のダイヤルシフトノブをセンターコンソールに配置。

 見た目や運転感覚でも、先進的な体験をドライバーにもたらします。

 搭載される駆動用モーターの出力は、フロント150kW/リヤ80kWで、全車4WDとなります。搭載されるバッテリー容量は71.4kWhです。

 レクサスブランドのEVとしては「UX」(UX300e)に続いて2車種目となる新型RZの発売に向け、期待が高まります。

 それではここでクイズです。

 2022年4月時点でアナウンスされている新型RZ(日本仕様・プロトタイプ)の一充電航続可能距離(J-WLTCモード、開発目標値)として、正しい数値は次のうちどれでしょうか。

【1】約350km

【2】約400km

【3】約450km

【4】約500km

※ ※ ※

 正解は【3】の「約450km」です。

 ちなみに、トヨタブランドから登場する新型bZ4Xは、新型RZと容量が同じ71.4kWhのバッテリーを搭載し、4WD仕様の一充電航続可能距離(WLTCモード)が540kmとアナウンスされています。

【画像】斬新すぎるハンドル・シフトを採用! レクサス 高級新型「RZ」世界初公開! 画像で見る(29枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント