「半年ぶりだね…」まさかの大復活!? スズキが新型SUV「エスクード」発表! 見た目よりも中身を見て! 全車HVに!

スズキは新型「エスクード」を2022年4月21日に発表しました。2021年9月にひっそりと販売終了となっていたものの、再び日本のラインナップに復活したことになりますが、どのようなモデルとなったのでしょうか。

スズキ「エスクード」がハイブリッドSUVとなって復活!

 2022年4月21日、スズキは新型「エスクード」を発表し、同日より発売しました。
 
 日本市場では、2021年9月にひっそりと販売終了となっていましたが、今回従来のガソリン車からハイブリッド車となって復活を果たしています。

スズキ「エスクード」がハイブリッドSUVとなってまさかの復活!
スズキ「エスクード」がハイブリッドSUVとなってまさかの復活!

 エスクードは、コンパクトSUVの先駆け的なモデルとして1989年にデビューしました。

 2021年9月まで販売されていたモデルは2015年に登場。

 ハンガリーで生産され日本に輸入される形で販売されていました。

 外観は、ヘッドランプ、アルミホイールのデザイン変更。ハイビームランプとフォグランプをLED化しています。

 内装では、マルチインフォメーションディスプレイにハイブリッド関連の表示を追加したほか、シフトノブ加飾がサテンメッキオーナメントに変更となっています。

 今回、新たに発表された新型エスクードはハイブリッド車となってラインナップされます。

 新型エスクードのパワートレインは、1.4リッター直列4気筒「K14C型」ガソリンターボから1.5リッター直列4気筒「K15C型」デュアルジェットエンジンに変更。日本国内初採用となる6速AGSトランスミッションを組み合わせました。

 ハイブリッドシステムは、「スイフト(ハイブリッドSZ)」と基本は同じものを搭載しますが、ハイブリッドシステムの電圧、リチウムイオンバッテリーの容量が変更され、モーターの最大出力とトルクが向上し、EV走行の時間や速度範囲を拡大。

 また、ブレーキ時に効率よくバッテリーが充電できる回生協調ブレーキ、後退時のEV走行をスズキで初採用。WLTCモード走行での燃費値19.6km/hを実現しています。

 走行モードでは、EV走行の頻度を高める「エコモード」と、力強くキビキビした走りの「標準モード」が選択できるようになっています。

 これらのハイブリッドシステムと、4輪制御システム「ALL GLIP」が連携されており、高い走破性と低燃費を両立しています。

 安全装備では、「デュアルセンサーブレーキサポート」に最高速度や車両進入禁止などの標識認識機能を新たに追加。

※ ※ ※

 新型エスクードは、4WD仕様1グレードのみの設定で、価格は297万円(税込)。販売目標台数は年間1200台となっています。

 なお新型エスクードは、経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカー S ベーシック+」、国土交通省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS2)認定車」、「ペダル踏み間違い急発進抑制装置(PMPD)認定車」に該当します。

スズキ・エスクード のカタログ情報を見る

【画像】スズキ「エスクード」がハイブリッドSUVで復活!詳細を見る(19枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. AGSかぁ…