新東名が新秦野まで延伸!…だけどトンネルに思わぬ仕掛け!? ドライバーが「天井に注目してしまう」ワケとは

新東名高速の伊勢原大山IC~新秦野IC間が、2022年4月16日に開通しました。この区間をいち早く走ったドライバーは、トンネル天井部の新たな仕掛けに対し、「新鮮」「ビックリ」などの感想をSNSでつぶやいています。

伊勢原大山IC~新秦野IC間が開通

 2022年4月16日、新東名高速の伊勢原大山IC~新秦野IC間が開通しました。

 この区間では、トンネルの天井部に仕掛けられた“新しい試み”に思わず注目してしまったドライバーが続出。SNSでは「新鮮」「正直今まで通りで」など、さまざまな反応が見られます。どのような仕掛けなのでしょうか。

開通を間近に控えた新東名高速の伊勢原大山IC~新秦野IC間(2022年4月、開通前の報道公開で編集部撮影)
開通を間近に控えた新東名高速の伊勢原大山IC~新秦野IC間(2022年4月、開通前の報道公開で編集部撮影)

 新東名は、既存の東名高速に並行して、神奈川県の海老名南JCTから愛知県の豊田東JCTまでの約253kmを結ぶ高速道路です。

 今回の延伸で、海老名南JCT~新秦野IC間(約21km、神奈川県)と新御殿場IC~豊田東JCT間(約207km、静岡県~愛知県)、そして東名と新東名を結ぶ清水連絡路と引佐連絡路(いずれも静岡県)が開通しました。

 今回の伊勢原大山IC~新秦野IC間は、暫定4車線(上下2車線ずつ)で開通。途中には、秦野丹沢スマートICも開設されました。

 新秦野ICは国道246号に接続します。ここは将来、東名の秦野中井ICや新東名の伊勢原大山IC、圏央道の圏央厚木ICなどと接続する厚木秦野道路(国道246号のバイパス)が計画されています。

 残る未開通区間は、ここ新秦野ICから新御殿場ICまでの約26kmで、開通時期は未定ですが建設が進められています。

 SNSでは、今回の開通に対して「秦野市はよく納品に行くので嬉しい」「全線開通が楽しみ」といった声のほか、早速通った人は「走りやすい」「アップダウンが少なく、なかなか快適でした」「平面線形が良すぎて走っていて面白みがなかった(苦笑)」などの感想を投稿しています。

 なかでも、多くのドライバーが注目していたのが、トンネルの天井部です。

「出口1.5km」の白く大きい文字が天井の壁に投影されており、点滅しています。

 高速道路の案内といえば緑地に白文字ですが、新区間の一部のトンネルでは、プロジェクションマッピングを導入。

 スクリーン代わりの壁に文字を投影してドライバーに情報を提供しています。

 この仕掛けの狙いは「漫然運転の防止」とのこと。カーブや勾配が緩く設計されている新東名は、走りやすい反面、変化に乏しい点が挙げられます。とくに同じ風景が続くトンネル内では、このように変化をあえて用意していることがあります。

 実際に走ったユーザーの中には、このプロジェクションマッピングによる案内に対し、「距離が投影されててびっくり」「走ってて『おっ?!』ってなった」など、実際に“刺激”になったという感想を投稿。

 ほかにも「文字が投影されててカッコイイ!」「新鮮」「イマイチわかりにくいような…」「正直今まで通りでお願いします!」といった賛否の声が寄せられています。

【画像】トンネルの内壁に投影される「出口1.5km」の白い文字と、東名・新東名に絡み付く「厚木秦野道路」の計画ルートを見る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント