究極の悩み? 「車中泊仕様」と「軽キャンパー」どっちがイイ? ひと工夫でナニが変わるのか

車中泊の魅力といえば、自分のクルマで気軽に寝られることですが、それだけでは快適性はいまひとつです。もうひと工夫するだけでどのくらい快適になるのでしょうか。さらに軽キャンパーの魅力とはどのようなものなのでしょうか。

「車中泊」だけじゃ物足りない! もうひと工夫のススメとは

 近年、ひとつのブームとなっている「車中泊」。大掛かりな準備をせずとも手軽に始められるのが魅力といえます。
 
 では、もうひと工夫として愛車にタープやラックを付けるとどんなコトが可能になるのでしょうか。さらに、軽キャンパーは軽バン&軽ワゴンとどのような違いがあるのでしょうか。

ただの車中泊じゃ面白くない! タープがあると環境が激変?
ただの車中泊じゃ面白くない! タープがあると環境が激変?

 車中泊というとずっと車内で過ごしているイメージを持つ人が多いようです。

 なかでも軽バン&軽ワゴンともなると、雨でもない限りは外で過ごさないと息が詰まってしまいます。

 そこで使いたいのが、カーサイドタープです。キャンプ用のものとは違って、タープの一部をクルマに付けて使うもので、車内・車外を連続した空間にできるのが美点です。

 車内は寝室、タープ下はくつろぎ&食事の空間というように分けることで、快適性が大幅にアップします。

 また、日差しや雨を除けることができるうえに、風通しのいい開放的な空間をプラスできるので、愛車は軽サイズでも3ナンバーミニバン以上の開放感を味わうことができます。

 また、ファスナーを閉じることで、外から見えない空間にする商品もあるので、着替えやトイレとして活用可能。

 ちなみに、SA・PAや道の駅など公共駐車場では使えないので要注意です。

 予算に都合があれば、付けておきたいのがルーフボックスです。

 軽バン&軽ワゴンで車中泊するときに、意外と邪魔になるのが自分たちの旅行用品。

 運転席、助手席に置いてもいいのですが、大きな荷物になると置くのも困難。

 ルーフボックスに入れておけば、寝ている間に邪魔になりませんし、雨風を除けてくれます。カギがかかるので防犯上も安心です。

【画像】快適すぎ!アトレー&N-VANの車中泊仕様! 実車を見てみる!(30枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 中間取って簡易キャンパーで。車両はハイゼットカーゴかエブリィですが、CVTに興味あるのでハイゼットカーゴ・2シーターを予定。車検の時のことを考えれば、色々とゴテゴテと装備を付けたくない。
    後席のヘッドレストって、車検のときに戻さないといけないので面倒くさい。どうせ軽バンには自分と母親または友達の誰か1人しか乗せないので2名乗車で問題なく、2(4)人というスペックは不要かと。
    後部座席が無い分だけ僅かに軽く荷物も多く積める。キャンパーにするなら2シーターまたは2シータークリーンが最強かと。エブリィも魅力的だけど、5AGSって無段階変速のCVTに負けるし、中途半端な気がする。残念なのはハイゼットカーゴの後席ドアの窓が開かないこと。ここの部分で未だに迷っているがたぶん、ハイゼットカーゴを選ぶ予定。エブリィの純正パーツの多さも魅力的ではある。