なぜGWに「休むディーラー」多い? 来店者多いのでは? 万が一のトラブル対処はどうすべき?

ゴールデンウィークでもコンビニやスーパーマーケットなどのサービス業は、通常営業を続けることがほとんどです。その一方で、自動車ディーラーの多くはゴールデンウィークに休店しています。その理由はいったいなんなのでしょうか。

ディーラーはなぜゴールデンウィークに休店のところが多いの

 ゴールデンウィークに突入し、毎年多くの人が心を弾ませる連日の休暇となっていますが、スーパーやコンビニエンスストアなどのサービス業は、普段よりも多くの利用者が訪れることから、連休にも関わらず営業を続けている店も多く見られます。
 
 しかし、自動車ディーラーの多くはゴールデンウィークに、休店となっている店舗が多いのが実情です。その理由はいったいなんなのでしょうか。

なんで休むの? 自動車ディーラーがGWなどの大型連休に休店する理由とは(トヨタモビリティ東京のHPより)
なんで休むの? 自動車ディーラーがGWなどの大型連休に休店する理由とは(トヨタモビリティ東京のHPより)

 トヨタモビリティ東京では、4月29日から5月5日の約1週間を「ゴールデンウィーク休業」として設けており、「皆様方には大変ご不便をおかけすることと存じますが、何卒ご了承承りますようお願い申し上げます」とアナウンス。

 また、ホンダカーズ東京では5月2日から6日、スズキ兵庫では5月1日から5月5日、日産大阪では4月27日から4月30日と、それぞれの地域や店舗によって期間は違いますが、ユーザーが来店する確率が高いゴールデンウィークの期間に休みとなっています。

 なぜ、ほとんどのディーラーは普段の平日よりも商談がより多く獲得できそうなゴールデンウイークに休店するのでしょうか。

 首都圏にある国産ディーラー販売店の担当者は、ゴールデンウィークに休店する理由について以下のように話します。

「通常の土日や祝日などには基本的に営業しており、平日に来ていただくことができないお客さまなど、より多くの人にクルマを見ていただく機会を作っております。

 そのため、ゴールデンウィークやお盆といったような大型連休には、まとめてお休みをいただいております」

 通常の土日や祝日では、平日にディーラーに立ち寄る時間がない、サラリーマンやOL、学生など、さまざまな人が来客します。

 そのため、土日や祝日にどれほどの商談を取れたのか、また、どれくらいのお客さんがディーラーに訪れたのかがディーラーにとっては非常に重要です。

 一方で、土日や祝日に通常営業しているぶん、普段まとまった休暇が取りづらいというのもディーラーの実情です。

 また、ゴールデンウィークやお盆といった連休には、多くの人が帰省をしたり、旅行をしたりなど、数日にわたる予定を組み込んでおり、ディーラーへ足を運ぶ人が少ないということも、その理由として考えられます。

 そのような背景から、ゴールデンウィークにはあまりお客さんが訪れることがなく、むしろ休暇を取りやすいのかもしれません。

【画像】なぜ? ディーラーなのに「新車を売らない人」がいる? その理由を写真で見る (12枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント