「ホンダっぽくない!」新型「HR-V」の斬新デザインが意外な評価!? 日本の「ヴェゼル」とどっちが好み?

ホンダが初公開した北米向け新型「HR-V」。日本でもかつてHR-Vが販売されていましたが、いまは「ヴェゼル」が後継車としてラインナップされています。関係の深い両車についてアンケートを実施してSNSユーザーの声を聞いてみました。

日本のヴェゼル vs 北米のHR-V どっちが好み?

 米国ホンダが2022年4月4日に初公開した北米向け新型「HR-V」が話題となっています。

 国内でホンダが販売するSUVとして「ヴェゼル」がありますが、前身は1998年に登場したHR-Vです。

北米向けのホンダ新型「HR-V」
北米向けのホンダ新型「HR-V」

 現行ヴェゼルは2021年にフルモデルチェンジした2代目で、欧州などでは日本のヴェゼルと同じモデルが海外ではHR-Vとして展開されています。

 一方、北米のHR-Vは独自に進化しており、今回新型モデルが登場することになりました。

 ヴェゼルとHR-Vは深い関係があるといえますが、この2台についてSNSユーザーを対象にアンケートを実施しました。

「日本向けのヴェゼルと北米向けのHR-Vはどちらが好みですか?」という質問では、「日本向けのヴェゼル」を選んだ人が45.1%、「北米向けのHR-V」が54.9%になりました。

 北米向けのHR-Vのほうが上回る結果になっていますが、回答者からは「HR-Vのほうが力強そうでSUVしている」「SUVらしいゆとりを感じる」など、よりSUVらしさを強調した新型HR-Vに興味を持つ人が多かったです。

 デザインに関しては「ホンダらしくないデザインだから」「北米の方がオリジナリティと高級感がある」「より新しいホンダを追求している」など、これまでのホンダ車とは異なる斬新でアクの強い新型HR-Vのデザインが好評でした。

 ほかにも、「車体サイズは若干大きいと予想されており、ヴェゼルよりもさらに広い室内空間が期待できる」「リアのドアノブがドアに配置されていて使い勝手が良さそう」と、実用性を重視するコメントもありました。

 ヴェゼルのリアドアのノブはCピラーに近いドア後方の上部に設けられていて、一見分かりづらいところにあります。

 コンパクトなモデルに採用されることが多く、ヴェゼルは2ドアクーペのようなスタイリングを目指したことからこのドアノブが取り入れられており、スタイリッシュなデザインに融合させています。

 新型HR-Vについてはほかにも「ベース車が『シビック』というところが気になる」というコメントもありました。

 新型HR-Vは2021年に登場した11代目のシビックをベースとしたSUVで、「さまざまなアクティビティを楽しむのに充分な室内空間の広さや実用性を備えながら、街中でも軽快に運転できる扱いやすいサイズ」とホンダは説明しています。

 一方、ヴェゼルを支持する人からは「ヴェゼルのほうがおしゃれだから」「シンプルで上品なのは欧州と共通の日本のヴェゼル」など、ヴェゼルのクリーンなスタイルを評価する声があがりました。

※ ※ ※

 今回のアンケートでは新型HR-Vのほうが好みだという人のほうが多かったのですが、斬新なデザインのフロントグリルに関しては「大きすぎるしデザインもゴテゴテしている」「グリルが主張しすぎて」など否定的な印象を持つ人もいました。

 新型HR-Vは北米で2022年夏に発売されることになっており、北米以外でもグローバルで販売が予定されています。

 日本にも導入されることになるのか、今後の動向が気になる一台です。

ホンダ・HR-V のカタログ情報を見る

ホンダ・ヴェゼル のカタログ情報を見る

【画像】「本当にホンダ車?」ワイルドなHR-Vがカッコいい! オシャレ系のヴェゼルとどう違う?(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント