トヨタ新型「ヴォクシー」は燃費良し? オプション満載で影響ある? 豪華仕様で実燃費を徹底検証!

2022年1月に登場したトヨタ新型「ヴォクシー」は、プラットフォームやエンジン、運転支援システムなどさまざまな点が刷新されました。新型ヴォクシー ハイブリッドの実燃費を調査すべく、高速道路やワインディング、一般道で計測しました。

すべてが一新された新型ヴォクシー

 2022年1月におよそ8年ぶりのフルモデルチェンジを果たし、4代目へと進化したトヨタ「ヴォクシー」。

「ノア」との兄弟車関係は継続となりましたが、両車とも全トヨタディーラーで取り扱いとなったこともあって、ヴォクシーはより先鋭的なデザインを採用しているのが特徴です。

2022年1月にフルモデルチェンジして登場した新型「ヴォクシー」
2022年1月にフルモデルチェンジして登場した新型「ヴォクシー」

 今回のフルモデルチェンジでは、プラットフォームがTNGAに基づいたものへと一新され、パワートレインもガソリンモデルはダイナミックフォースエンジンへ、ハイブリッドはエンジンこそ先代と同型となるものの、電動モジュールは新たなものへと進化し、高出力かつ高効率でありながら小型化も果たしています。

 また、先進運転支援システム(ADAS)は最新の「トヨタセーフティセンス」を搭載。現時点(2022年4月)でトヨタ車のなかでもっとも優れたシステムを搭載したモデルという点も特筆すべきポイントといえるでしょう。

 今回はそんな新型ヴォクシー ハイブリッド(2WD)の早速燃費テストを実施。テスト車両のグレードは上級グレードの「S-Z」で、オプションてんこ盛りの豪華仕様です。

 車検証上の車両重量は1700kg(オプション非装着であれば1670kg)と、燃費テストにはやや不向きといえるかもしれませんが、新型ヴォクシー ハイブリッドの実燃費は良いのでしょうか。

 カタログ上のWLTCモード燃費は23.0km/L、市街地モードが22.2km/L、郊外モードが25.0km/L、高速道路モードが22.1km/Lとなっており、先代のWLTCモード燃費19.0km/Lから一気に4km/Lも向上しているのも注目です。

 今回は、神奈川県横浜市をスタート地点とし、横浜新道から保土ヶ谷バイパス、東名高速道路を経由して、小田原厚木道路の小田原西インターまで走行。

 そこからターンパイク箱根を上り、大観山スカイラウンジを経由し、箱根新道を通って西湘バイパスまで下るワインディング区間、そして、国道134号から国道246号などを経由して横浜市内に戻るという約150kmの道のりを走破して、新型ヴォクシー ハイブリッドの実燃費を計測しました。

 その結果、153.2kmの走行で燃費は19.99km/Lでした(車両の燃費計の数値から計算)。

 カタログ上での燃費数値はWLTCモード燃費で23.0km/Lですから、カタログ値には届かない結果となりましたが、箱根の山道を走行した上でリッター20kmに迫る燃費性能というのは充分評価に値するものといえるのではないでしょうか。

 なお、今回の走行はドライブモードが標準、エアコンは24度設定のフルオート、クルーズコントロールは未使用でテストを実施しています。

【画像】イカツさアップ! トヨタ新型「ヴォクシー ハイブリッド」のカスタムカーがスゴイ!(27枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント