600万円のトヨタ新型「bZ4X」ついに発表! 「サブスク限定」で購入不安解消! グレードや納車時期どうなる?

トヨタのbZシリーズ第一弾となる新型「bZ4X」が2022年5月12日にサブスク「KINTO」で販売されることが発表されました。新たな「新型bZ4X専用プラン」とはどのようなものなのでしょうか。

トヨタ新型「bZ4X」ついに正式発表! どんな形で登場する?

 トヨタは、新型「bZ4X」を2022年4月12日にSUVタイプのEVとなる新型「bZ4X」の正式発表をおこない、同年5月12日から販売することをアナウンスしています。
 
 個人にはサブスク「KINTO」で販売、法人向けにリース販売されるといいますが、どのような販売方法となるのでしょうか。

注目度高いトヨタの新型「bZ4X」 「早く欲しい」の声も!
注目度高いトヨタの新型「bZ4X」 「早く欲しい」の声も!

 新型bZ4Xは、トヨタ初の本格BEVとして北米・欧州・中国をはじめグローバル各地域の状況を踏まえ、CN(カーボンニュートラル)に向けた選択肢のひとつとして、順次発売していくとしています。

 日本においては、BEVに対するユーザーの不安解消と、電池の全数管理と3R推進によるCNへの貢献を目指すことからサブスクやリース販売となるようです。

 申込み受付は、5月12日より第1期として3000台分を開始。秋口に第2期、以降順次お申し込みを受け付け、初年度は5000台分の生産・販売を予定しています。

 新たに新型bZ4X専用プランとして用意されるのは「最長10年間プラン」で、契約期間中の電池性能(10年20万km/電池容量70%)を保証し、10年のうち5年目以降は、月額を毎年段階的に引き下げていきます。

 このように、長く乗れば乗るほどリーズナブルにする一方、5年目以降は中途解約金をゼロとし、ユーザーのフレキシブルなカーライフをサポート。

 今回の新型bZ4Xでは「Zグレード」のみとなり、駆動方式は2WD/4WD、ホイールサイズは18インチ/20インチから選択可能です。

 エクステリアカラーは全11種類、インテリアカラーはライトグレーとブラックの2種類となっています。

 そのほか、人気のオプションをまとめたパッケージとして「18インチ×標準ルーフ」、「18インチ×パノラマムーンルーフ」、「20インチ×標準ルーフ」、「20インチ×パノラマムーンルーフ」が用意されています。

 なお、利用の流れとしてはパッケージを選択したうえで、WEBサイトまたは販売店を通じて、所定の審査を経て契約が可能となるようです。

 また、技術革新や経年劣化に合わせてソフトウェア・ハードウェアの機能やアイテムをタイムリーに反映させるサービス「KINTO FACTORY」を通じて、最新の安全装備などをその都度搭載し、ユーザーに納車されたあとにも新型bZ4Xを「進化」させる取り組みにも挑戦していくとしています。

 そのほか、トヨタは充電インフラの拡充にも取り組んでいくとしており、今後のBEV普及進度を踏まえ2025年を目途に、全国のトヨタ販売店に急速充電器を設置していく計画だとし、2022年はBEV需要が高い地域を中心に順次設置を進めていきます。

 また、納車時期に関しててKINTOでは次のように説明しています。

「基本的にご契約いただいた順に、生産手配をいたします。詳細の納車予定日については、ご契約後、担当販売店にご確認ください。

 なお、ご契約後すぐに納期が確定する訳ではなく、一定期間を頂戴いたしますので、あらかじめご了承ください。

 まず第1期は2022年12月までに納車可能な台数を上限にお申込みを受付けさせていただきますので、当面、最も遅い納期は2022年12月中となる予定です」

※ ※ ※

 新型bZ4Xは、月額利用料には自動車保険や自動車税、メンテナンス代、コネクティッドサービスの利用にかかる費用などが含まれます。

 気になる月額利用料および契約時の申込金の詳細は、発売に先立って5月2日にアナウンスされます。なお、メーカー参考価格として2WDが600万円、4WDが650万円です。

>月額定額制で新車に乗れる! 今話題のトヨタのサービス「KINTO」はこちら

【画像】ついに登場! 斬新トヨタ新型SUV「bZ4X」がすごい! 実車で「ソルテラ」と比較する!(42枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント