2022年で生産終了! アメリカンスーパーカー「フォードGT」に初代GT40をオマージュした最後の限定車登場

2022年で生産を終了するフォードのスーパーカー「フォードGT」に、1966年のル・マン24時間レースで1/2/3フィニッシュを飾った「GT40Mk II」をオマージュした「ホルマン・ムーディ ヘリテージエディション」が登場しました。

フォードGT生産最終年に登場した限定車「ヘリテージエディション」

 米国フォードは2022年4月8日、「フォードGT」に特別限定車「2022 Ford GT Holman Moody Heritage Edition(2022フォードGT ホルマン・ムーディ ヘリテージエディション)」を追加しました。

2022「フォードGT ホルマン・ムーディ ヘリテージエディション」
2022「フォードGT ホルマン・ムーディ ヘリテージエディション」

 これは、1966年のル・マン24時間レースで1/2/3フィニッシュを達成した「GT40 MK IIレーシングカー」へのオマージュであり、フォードGTの限定車ヘリテージエディションの最終作となるものです。

 ゴールドとレッドのカラーリングは、オックスフォード・ホワイトの丸いマークとナンバー「5」の刻印が、ドアやボンネット、リアウイングに施され、ホルマン・ムーディ選手が駆った1966年のフォードGT40と同じ姿に仕上がっています。

 20インチホイール、フロントスプリッター、サイドシル、ミラー、エンジンルーバー、リアディフューザーなどに採用されたカーボンファイバーパーツが目を引きます。ブレンボ製ブレーキキャリパーはブラックにシルバーのグラフィックが施され、ラグナットもブラックで統一され、モダンな印象を与えます。

 カーボンファイバーは、ドアシル、コンソール、レジスターなどインテリアにも使用され、ドアパネルにはマットな「5」ラウンドネルがあしらわれています。

 エボニーアルカンターラのカーボンファイバーシートには、ゴールドのアクセントステッチが施され、エンボス加工の座面とヘッドレストにはGTロゴがあしらわれています。またインストルメントパネルはエボニーレザーとエボニーアルカンターラで、ピラーとヘッドライナーはエボニーアルカンターラで専用ラッピングされています。

※ ※ ※

 初代フォードGTは2005年に登場、現行型は2017年に登場した2代目です。初代は限定1500台、2代目は限定1350台の生産で、2022年に生産終了することが発表されています。

 限定車のヘリテージエディションシリーズは、これまで全9モデルが登場しています。そのうち今回登場したフォードGTホルマン・ムーディ ヘリテージエディションと、2022年2月に登場したフォードGT アラン・マン ヘリテージエディションが現在も購入可能です。

 フォードGTホルマン・ムーディ ヘリテージエディションは、2022年4月15日から開催されるニューヨーク国際オートショーで、表彰台を獲得した「ホルマンムーディフォードGT40 MK II」、シャーシ番号「P/1016」と並べて展示される予定です。

 過去のモデルと同様、フォードが承認したユーザーにのみ販売されます。最初の納車は2022年春からおこなわれるといいます。

フォード・GT の中古車をさがす

超かっこいい! スーパーカー「フォードGT」の限定車を【画像】でチェック(13枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント