「価格はいくら?新型CX-60登場!」 「RAV4」&「アウトランダー」と比較する声多し? PHEVライバルとの気になる違いとは

ついにジャパンプレミアされたマツダ新型「CX-60」。同じくSUVタイプでPHEVを採用するモデルとしてトヨタ「RAV4 PHV」、三菱「アウトランダーPHEV」、そして価格帯は異なりますがレクサス「NX」が挙げられます。SNSでは、これらのモデルと比較する声がみられますが、どのような比較がされているのでしょうか。

マツダ「CX-60」ライバル車と比較する声も…どのような声がある?

 2022年4月7日にマツダのクロスオーバーSUV新型「CX-60」がジャパンプレミアされました。
 
 新型CX-60にはいくつかのパワートレインが用意されており、なかでもPHEVに関心が寄せられています。
 
 そうしたなかで、同じSUVかつPHEVというライバルにはどのようなモデルがあり、比較する声は出ているのでしょうか。

マツダが新たに投入した新型「CX-60」 PHEVモデルはRAV4やアウトランダーと比較する声が出ています。
マツダが新たに投入した新型「CX-60」 PHEVモデルはRAV4やアウトランダーと比較する声が出ています。

 情報公開後のSNSでは、新型CX-60に対して、「CX-60めちゃくちゃかっこよくて気になる」、「実車見れるのが待ち遠しすぎる」というような期待の声が多く挙がっています。

 そのなかで同様のSUVタイプ、そしてPHEVを採用しているモデルとして、国産メーカーではトヨタ「RAV4 PHV」や三菱「アウトランダーPHEV」、レクサス「NX 450h+」がラインナップされています。

 とくに、RAV4、アウトランダーは価格帯やターゲット層が近いと予想されることから、主にこの2台との声を見ていきます。

 SNSでは「マイカー、RAV4とCX-60どっちを購入しようか迷う」、「アウトランダーにしようと思ってたけど、CX-60めっちゃいいな」というように、それぞれを比較する声が見られます。
 
 エクステリアに関しては「RAV4のフロントフェイス、いかつくてかっこいい」、「新型アウトランダーのエクステリア、攻めてるけど上品さもあっていい」、「CX-60の外装、海外っぽい感じがする」といった声が挙げられ、それぞれ肯定的な意見が見られます。

 RAV4のエクステリアは、ブラックを貴重にスポーティーでエレガントな雰囲気を身にまとったものとなっており、力強い押し出し感を感じさせるフロントグリルや、足回りの堅牢さをアピールするような大きなホイールが特徴的です。

 アウトランダーのエクステリアは、硬質で鮮明な印象を与えるダイアモンドカラーシリーズが魅力的で、シャープなヘッドライトや安心感と力強さが表現されたダイナミックシールドが包容力を感じさせます。

 そして、新型CX-60は、「引き算の美」という考えから生まれた通り、シンプルさの中に気品があるデザインとなっており、SUVらしい“カタマリ感”も残しつつ、周囲の風景を美しく映し出すアート作品のような繊細さが演出されています。

 インテリアに関しては「CX-60の内装、タンカラーめっちゃ好み!」、「CX-60とRAV4、内装だったらCX-60の方が魅力的」、「CX-60の内装めっちゃいいけど、アウトランダーの内装は高級感があって遮音性も高くて私好み」というように好みが分かれる様子がうかがえます。

 RAV4のインテリアは、ブラックで統一されており、スポーティーで引き締まった印象を与えますが、所々に施されている赤いステッチが遊び心を感じさせるデザインとなっています。

 一方のアウトランダーは、インストルメントパネルを貫く水平基調のデザインとなっており、ステアリングホイールやシフトノブには本革が使用されているため、質感へのこだわりを感じることのできるインテリアです。

 そして新型CX-60のインテリアは、上位グレードである「プレミアムモダン」は日中だけでなく季節の移り変わりによる光の変化を考慮して織物が使用されており、さらにステッチには日本の掛かりぬいを表現、天然木素材を使用しており、自然との一体感を感じさせます。

 また「プレミアムスポーツ」では、スポーツカーのような質感を感じさせるタン色とブラックの2トーンカラーを採用しており、知的かつ上質さを感じます。
 
 ちなみに、装備についてはSNSでどのような比較がされているのでしょうか。

 SNSでは「RAV4の最新装備に慣れたらほかのクルマ乗れないかも」、「アウトランダーのスピーカーめっちゃいいな」、「CX-60の装備はかなり良さそう」と、多くの人がそれぞれに魅力を感じていることがうかがえます。

 では、PHEVではどのような違いがあるのでしょうか。

 RAV4 PHVは、2.5リッターエンジンと前後モーターにより、システム最高出力306馬力を発揮。0-100km/hは6.0秒と加速力にも優れています。

 また、WLTCモード燃費は22.2km/Lとなり、満充電時のEV走行距離は95kmを確保。なお普通充電のみに対応し、満充電にかかる時間はAC200V/16Aの場合は約5時間30分、AC100V/6Aの場合は約27時間です。

 アウトランダーには、2.4リッターエンジンと前後モーターにより、システム最高出力252馬力を発揮。WLTCモード燃費は16.6km/Lとなり、満充電時のEV走行距離は87kmを確保しています。

 充電方法に関しては普通充電と急速充電に対応し、普通充電(AC200V)で約7.5時間、急速充電なら約38分で80%の充電が可能です。

 一方の新型CX-60では、2.4リッターエンジンにモーターを組み合わせることでシステム最高出力327馬力を発揮。WLTCモード燃費はまだ未発表となっています。

※ ※ ※
 
 価格帯は、RAV4が469万円から539万円、アウトランダーが462万1100円から532万700円。なおNXでは714万円から738万円となっています。

 新型CX-60の価格はまだ正式発表されていませんが、首都圏のマツダ販売店では「500万円台半ばから600万円台半ばになるといわれています。そのため、RAV4やアウトランダーとNXの中間に位置することになり、内外装の質感や性能面などの良さをお客さまに説明していければと思っています」と話します。

 価格に関してSNSでは「RAV4よりは高いけどNXよりも安い。PHEVで650万ぐらいだったら大本命」といった声も出ています。

 今後、新型CX-60の詳細が明らかになるにつれ、これらライバル同士を比較する声がますます増えそうです。

トヨタ・RAV4 のカタログ情報を見る

三菱・アウトランダーPHEV のカタログ情報を見る

【画像】トヨタ、マツダ、三菱でどう違う? どれもカッコイイ新型SUVを写真で比較する!(50枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

マツダ 新型CX-60
マツダ 新型CX-60
マツダ 新型CX-60
マツダ 新型CX-60の上級内装「プレミアムスポーツ」
マツダ 新型CX-60の上級内装「プレミアムスポーツ」

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント