新型SUV「アイオニック5」シェア500回を突破! 話題の「韓国車」目当てに北海道・福岡県から来る人も

ヒョンデの電気自動車(EV)「アイオニック5」のカーシェアが開始1か月で500シェアを突破しました。開始2週間までの結果では、平均試乗時間は約7時間。北海道や福岡県からのユーザーもいるということです。

北海道や福岡県から訪れたユーザーも存在

 韓国自動車メーカー最大手のヒョンデ(Hyundai)の電気自動車「アイオニック5(IONIQ 5)」のカーシェアが、開始1か月で500シェアを突破したことが2022年4月5日、わかりました。

ヒョンデ「アイオニック5」
ヒョンデ「アイオニック5」

 アイオニック5は、SUVタイプのZEV(Zero Emission Vehicle)で、2022年2月8日にヒョンデが日本の乗用車市場へ再参入を発表した際、あわせて日本仕様が披露されました。日本での受注開始は2022年5月が予定されています。

 同車が国内でシェアされたのはこれが初めてで、個人間カーシェアリング(カーシェア)サービスで知られる「エニカ」にて2022年2月25日に開始されました。

 カーシェアで利用できる車両のグレードは「Voyage」と「Lounge」で全14台が稼働。ボディカラーも日本仕様に設定される全6色のうちギャラクティックグレーメタリック、デジタルティールグリーンパール、サイバーグレーメタリック、ファントムブラックパール、アトラスホワイトの5色を取り揃えています。

 2022年4月現在、西銀座駐車場をはじめ、秋葉原UDXパーキング、NPC24H松濤第5パーキング、NPC24H大井町第1パーキングなど都内のステーションでシェアできます。

 料金はショート(1時間)の1200円から設定されています。

 サービス開始から2週間の平均をまとめた結果、平均試乗時間は約7時間を記録。

 さらに、1週間のうち、平日の利用(10時から18時)が60%。利用者の約40%がエニカの新規ユーザーで、北海道や福岡県からのユーザーもいることがわかりました。

 ZEVの試乗は少ないため、走行距離や充電場所の不安、購入する前に自宅の車庫入れにおける事前確認ができないなど、通常の試乗では安心して購入するまでに課題があったといいいます。

 今回のカーシェアでは、3時間以上のシェアをしたドライバーほぼすべての人が充電を体験したということです。

【写真】北海道から乗りに行く人も!? 日本上陸した新型「アイオニック5」に熱視線! 実車を画像で見る(30枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 私も借りました〜
    今までの韓国車イメージをガラッと塗り替えるような欲しくなる車でした。

    とにかく装備が豪華。リヤシートヒーターや電動リヤシート、リヤのブラインドカーテンも付いてました。
    そして、私が一番気に入ったのは、全席シートのリクライニング。
    座面全面を上げて、レッグサポートを出すと、とっても快適な状態に
    ガラスルーフの天井には、一面の空。
    空気の澄んだ場所で、星空を見たいなぁ〜と思いました。

    YouTube「ニモちんトラベラー」に、その様子をアップしています。