「シビれる!」トヨタ新型「GRカローラ」初公開にSNS反響! 「欲しくなる日本車」「心を鷲掴みされた」大盛り上がり

TOYOTA GAZOO Racingが新型「GRカローラ」を世界初披露し、SNSで「カッコイイ!!」「衝撃が凄すぎる」「車好きの心を鷲掴みする」などと反響が起きています。

迫力あるスタイルに「衝撃が凄すぎる」の声も

 TOYOTA GAZOO Racing(以下、TGR)が2022年3月31日(現地時間)、アメリカカリフォルニア州ロングビーチで、新型「GRカローラ」(北米仕様、プロトタイプ)を世界初披露しました。

 SNSでは、「カッコイイ!!」「衝撃が凄すぎる」「車好きの心を鷲掴みされた」といったコメントが相次ぎ、盛り上がりを見せています。

トヨタ新型「GRカローラ(北米仕様/プロトタイプ)」
トヨタ新型「GRカローラ(北米仕様/プロトタイプ)」

 新型GRカローラは、「カローラスポーツ」のボディがベース。ボディサイズは全長4410mm×全幅1850mm×全高1480mm、ホイールベース2640mmとなり、5ドア/5人乗りの利便性はそのままです。

 エクステリアはカローラスポーツと比較して、フロントフェンダーを片側20mm、リアフェンダーを片側30mm拡大。

 さらにフロントバンパーにインテーク、フロントフェンダーとフードバルジにアウトレットを設けたほか、リアビューでは3本出しマフラーが力強くスポーティなスタイルを強調しています。

 また、カローラスポーツのロングホイールベースが生み出す高速安定性を受け継ぎながらフロントを60mm/リアを85mmにワイドトレッド化することにより高い旋回性能を実現しました。

 インテリアでは、スポーツ走行時の視認性を高めたGR車両専用のフルTFTメーターを新たに採用しました。

 さらにショートストロークのシフトレバーにすることで腕の位置配置を自然にし、素早いシフト操作を可能にしているほか、限界域での車両コントロールを確実なものにするためにパーキングブレーキには手引き式を採用しました。

 パワートレインは、GRヤリスにも搭載した1.6リッター直列3気筒インタークーラーターボエンジンの排気効率向上やバルブ付き3本出しマフラーを採用することで排圧低減と消音性能を両立させ、強化することで最高出力304馬力を達成。トランスミッションは6速iMTを組み合わせています。

 同じくGRヤリスに搭載されたスポーツ4WDシステム「GR-FOUR」を新型GRカローラ仕様に最適化して搭載しています。

 SNSでは、「日本車で久しぶりに本気で欲しいって思えた」「カローラ最高」「変態カローラを待ってた!」といったコメントがアップされている上、「3本マフラーにしびれる」「手引き式はヤバい!」などの声も上がっています。

 それではここで、新型GRカローラに関するクイズです。

 前述のとおり、新型GRカローラのベース車両はカローラスポーツですが、カローラスポーツは米国では異なる車種名で販売されています。

 カローラスポーツの米国名として正しいのは、次のうちどれでしょうか

【1】Corolla Touring Sports

【2】Corolla Quest

【3】Corolla Hatchback

【4】Corolla Altis

※ ※ ※

 正解は【3】の「Corolla Hatchback」です。

 2022年3月現在、米国市場においてCorolla Hatchbackは、ブラックを基調とした「SE Nightshade Edition」を含む全3グレードを展開。

 価格は2万915ドル(約256万円、1ドル122.45円)から設定されています。

トヨタ・カローラスポーツ のカタログ情報を見る

【画像】つよつよカローラ爆誕! 超絶武装したトヨタ新型「GRカローラ」世界初公開! かなり速そう! 画像で見る(36枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント