フォルクスワーゲンのワゴンがより実用的になって登場!新型「パサートGTEヴァリアント」日本発売

フォルクスワーゲン(VW)のプラグインハイブリッド(PHEV)、新型「パサートGTEヴァリアント」が日本に上陸しました。期待の1台ですが、半導体不足などの影響で年内の供給は50台程度の見込みだそうです。

2022年の日本への供給は50台程度の見込み

 フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ)は2022年4月5日、2021年4月に導入したVW新型「パサート」シリーズの新たなパワートレインとして、プラグインハイブリッド(PHEV)を採用した新型「パサートGTEヴァリアント」を導入しました。

VW新型「パサートGTEヴァリアント」
VW新型「パサートGTEヴァリアント」

 新型パサートGTEヴァリアントは、先代パサートGTEと比べて搭載バッテリー容量を9.9kWhから13.0kWhと、およそ30%増強しました。

 これにより、EV航続可能距離がWLTPモードで57kmとなりました。通勤や送迎、ショッピングなど普段づかいにおいてCO2を排出しないEV走行のみで対応可能です。

 また走行モードはモーターのみで走行する「EVモード」以外でも、モーターとエンジンを効率よく使って走行する「ハイブリッドモード」に加え、モーターとエンジンの両方のパワートレインを使って力強く走行する「GTEモード」を選択することができ、ハイブリッドモードでは走行中に回生エネルギーからバッテリーを充電することも可能です。

 装備面では、他の新型パサートシリーズ同様のエクステリアデザインの改良に加え、同一車線内全車速運転支援システム「トラベルアシスト」や、LEDマトリックスヘッドライト「IQ.ライト」など、最新の先進運転支援システムを全車標準装備としています。

 新型パサートGTEヴァリアントは、156馬力・250Nmを発生する1.4TSIガソリンエンジンと、116馬力・330Nmの電気モーターを組み合わせています。駆動方式はFFで、トランスミッションは6速DSG(DCT)です。

 消費税込の車両価格は以下のとおりです。

・パサートGTEヴァリアント:634万5000円
・パサートGTEヴァリアント アドバンス:683万8000円

※ ※ ※

 なお、半導体供給不足などの影響により、パサートGTEヴァリアントの2022年内の供給量は約50台程度の見込みで、それ以降の受注分については2023年以降の出荷となる見通しです。

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント のカタログ情報を見る

これは使える!! VWのPHEV「パサートGTEヴァリアント」を【画像】で見る(30枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント