東京湾アクアライン「普通車800円」3年延長へ 13年続く割引施策、その経済効果は?

東京湾アクアラインで実施されている通行料金割引の期間延長が発表されました。

2009年から続く「普通車800円」

 国土交通省と千葉県、NEXCO東日本は2022年3月30日、東京湾アクアラインで実施している通行料金の割引を4月以降も継続し、2025年3月31日まで3年間延長すると発表しました。

東京湾に浮かぶ海ほたるPA(画像:NEXCO東日本)
東京湾に浮かぶ海ほたるPA(画像:NEXCO東日本)

 東京湾アクアラインは、神奈川県川崎市と千葉県木更津市を結ぶ長さ約15kmの有料道路です。

 東京湾に浮かぶ木更津人工島(海ほたるPA)を境に、川崎側は海底トンネル(アクアトンネル)、木更津側は橋(アクアブリッジ)で構成されています。

 浮島IC~木更津金田IC間の普通車の通行料金は、1997年の開通当初は4000円でしたが、2009年に社会実験としてETC搭載車を対象に800円とする大幅な引き下げが実現。

 その後、期間は繰り返し延長され、消費税率の引き上げなどがあったものの暫定的な金額は維持されたまま現在に至ります。

 2019年度からは国土交通省と千葉県で3年ごとに協議することになっており、今年再び期間の延長が決まりました。

 割引はETC搭載車が対象。料金は、軽自動車等640円、普通車800円、中型車960円、大型車1320円、特大車2200円です。

 千葉県によると、この割引施策による首都圏全体での経済効果は、2014年4月から2016年9月までの2年半でおよそ1155億円に上るとしています。

 国土交通省と千葉県、NEXCO東日本は、今回の割引継続の目的について「高速道路ネットワークの有効活用や首都圏における交流・連携の強化等の地域経済の活性化を図ること」と説明しています。

【画像】こうなってるの!? 普段は絶対見れない「アクアラインの裏側」と経済効果を見る(26枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー