ホンダ新型「ステップワゴン」の納期は最短4か月!? 半年待ちの事例も? 大ヒットに向け期待大か

ホンダは公式ウェブサイトで新型「ステップワゴン」の3月28日時点の納期を公表。短い場合でも4か月程度、長い場合だと半年以上かかるとアナウンスしています。

全車3ナンバー化した新型「ステップワゴン」

 ホンダが2022年春に発表・発売を予定している新型「ステップワゴン」ですが、すでに先行予約の受け付けを開始しています。

 SNSなどでは「先行予約した!」などの声も聞かれますが、現段階での納期目処はどのようになっているのでしょうか。

ホンダ新型「ステップワゴンスパーダ」
ホンダ新型「ステップワゴンスパーダ」

 6代目となる新型ステップワゴンは、初代(1996年発売)の面影も感じるボックススタイルのデザインを採用。

 さらに、先行予約を告知するテレビCMで「オブラディ・オブラダ」の曲が最後にかかっていることから、大ヒットした初代の雰囲気を感じるユーザーも少なくないようです。

 ちなみに、全幅が拡大したことでボディは全車3ナンバーサイズとなったほか、エントリーモデルの価格(消費税込)は299万8600円に設定されます。

 ホンダは公式ウェブサイト上で、最新の「工場出荷時期目処」を3月28日に更新。

 これによると、新型ステップワゴンの納期はハイブリッド車で5か月程度、ガソリン車で4か月程度とアナウンスされます。なお、ガソリン車でも一部のタイプ・カラーでは半年以上の納期がかかるということです。

 首都圏のホンダ販売店スタッフに聞いたところ、購入ユーザー層として「なかでも、ステップワゴンからステップワゴンへの乗り換えユーザーは少なくないと感じます。

 価格は5代目よりやや上がっているが、安全装備も充実しているということで、注目されていると感じています」と話します。

 新型ステップワゴンが2022年のミニバン市場を席巻するのか、注目が集まります。

 それではここでクイズです。

 予防安全装備「ホンダセンシング」の機能も大きく進化した6代目 新型ステップワゴン。5代目になかった機能も数多く追加されています。

 では、次に挙げるホンダセンシングの機能のうち、ステップワゴンの5代目(最終型)ですでに採用されていた機能は、次のうちどれでしょうか。

【1】後方誤発進抑制機能

【2】ACCの渋滞追従機能

【3】トラフィックジャムアシスト

【4】オートハイビーム

※ ※ ※

 正解は【2】の「ACCの渋滞追従機能」です(一部グレードに搭載)。

 そのほかの装備については、6代目 新型ステップワゴンから初搭載となります。

※クイズの出典元:カーデイズ

●カーデイズ 公式ウェブサイト

ホンダ・ステップワゴン の中古車をさがす

ホンダ・ステップワゴン のカタログ情報を見る

【画像】「ボックス感」強調デザインにも反響? ホンダ新型「ステップワゴン」2022年春発売! 実車を画像で見る(36枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー