“北海道印”のレクサス超高級「LC」登場! 火山表現した鮮烈内装「北海道エディション」の姿とは

レクサスが欧州で発売する「LC」の特別仕様車「Hokkaido Edition」はどのようなモデルとして登場するのでしょうか。

火山をモチーフとしたブラック/ダークローズの内装色を採用

 レクサスの英国部門は、2022年3月14日に高級クーペ「LC/LCコンバーチブル」の特別仕様車「Hokkaido Edition(北海道エディション)」を設定すると発表しました。

 日本の地名が名前に組み込まれたユニークなモデルとなりますが、どのような理由で名づけられたのでしょうか。

40台限定の特別モデル レクサス「LCコンバーチブル 北海道エディション」(欧州仕様)
40台限定の特別モデル レクサス「LCコンバーチブル 北海道エディション」(欧州仕様)

 レクサスの英国部門によると、北海道にはレクサス(トヨタ自動車)の士別試験場があり、同ブランドを象徴するスーパーカー「LFA」の開発や、LCのチューニングの熟成の舞台にもなったといいます。

 さらに、自然豊かで美しいドライブルートも多くあることから、特別仕様車の名前になったということです。

 内装は北海道の火山をモチーフとしたブラック/ダークローズのカラーを採用。2トーンカラーは左右非対称の配色が採用されています。

 外観は、専用のブラックシグネチャーグリルやオーナメント、LEDヘッドライトなどを装備したほか、21インチアルミホイールが精悍な足まわりを演出。

 搭載されるパワーユニットは5リッターV型8気筒ガソリンエンジン(LC500/LC500コンバーチブル)、または3.5リッターV型6気筒+モーターのハイブリッドシステム(LC500h)です。

 クーペとコンバーチブルの2種類のボディタイプが設定され、限定数は各ボディタイプで40台。2022年4月に欧州で発売される予定ですが、日本での発売はアナウンスされていません。

 レクサスは、多くの車種を全世界共通で販売していますが、特別仕様車や搭載されるパワーユニットなどには地域によって差異がみられることから、ほかのモデルも調べてみると発見があるかもしれません。

 それではここでクイズです。

 レクサスのモデルのなかでは比較的珍しい海外専売車として、2019年に初公開されたミニバンが存在します。そのモデル名として正しいものは、次のうちどれでしょうか。

【1】LY

【2】LX

【3】LM

【4】LZ

※ ※ ※

 正解は【3】の「LM」です。

 LMは、上海モーターショー2019で初公開された後、中国や東南アジアなどで販売されている超高級ミニバンです。

 ちなみにLM以外では、SUVの「GX」も、日本未発売のレクサス車として知られています。

※クイズの出店元:くるまマイスター検定

●くるまマイスター検定 公式ウェブサイト

レクサス・LC のカタログ情報を見る

レクサス・LC の中古車をさがす

【画像】北海道印のレクサス超高級モデル「LC」登場! 「LC 北海道エディション」の実車を画像で見る(9枚)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー