レクサスの高級クーペ「LC」“北海道エディション”登場!? 火山のような赤×黒内装がクールな欧州限定モデル

英国レクサスは限定車「LC/LCコンバーチブル 北海道エディション」を発表しました。なぜ今回限定車の名称に「北海道」が用いられることになったのでしょうか。

LCと北海道の関係とは?

 レクサスの英国部門は、フラッグシップクーペ「LC/LCコンバーチブル」の特別仕様車として「Hokkaido Edition(北海道エディション)」を設定することを2022年3月14日に発表しました。

 この特別仕様車の名称は北海道に由来。北海道にはレクサスの士別試験場があることや、そこでスーパーカー「LFA」などの車両が開発されたこともあり、北海道エディションと名付けられました。

 またLCも、士別試験場でレクサスの「匠」たちによる入念なファインチューニングが施されています。

40台限定の特別モデル レクサス「LCコンバーチブル 北海道エディション」(欧州仕様)
40台限定の特別モデル レクサス「LCコンバーチブル 北海道エディション」(欧州仕様)

 さらに、北海道は豊かな山林と温泉を有するリゾート地として知られていますが、美しい道路も多く、LCのダイナミックな走りを実現するためのキャンバスとなったというわけです。

 LC/LCコンバーチブル 北海道エディションの外観は、専用のブラックシグネチャーグリルやオーナメント、LEDヘッドライト、アフターバーナー式テールランプを装備したほか、21インチアルミホイールを装着しました。

 ボディカラーは「フレアレッド」「ソニックプラチナ」「Fホワイト」「グラファイト」の4色を用意。LCコンバーチブルのルーフは、レッドまたはブラックのファブリックがオーダーできます。

 レクサスのエンジニアは、LC/LCコンバーチブル 北海道エディションに燃えるような情熱を吹き込むと同時に、気品のあるドライブでリラックスするのに最適な洗練されたクルマに仕上げています。

 この二面性は、ブラックとダークローズのインテリアに反映されており、北海道に多く存在する「火山」をモチーフとし、運転席側には赤、助手席側にはより落ち着いた黒が配されました。

 エンジンは、3.5リッターV型6気筒マルチステージハイブリッド(LC 500h)または5リッターV型8気筒ガソリンエンジン(LC 500/LC 500コンバーチブル)を搭載。

 ドライバーの意図に沿ったリニアな加速、操作、ブレーキなど、ドライバーの意図に忠実に応える「Lexus Driving Signature」を体現するモデルに仕上げました。

 ダイナミックなエクステリアとグランドツーリング性能を融合させたLC/LCコンバーチブル 北海道エディションは各ボディタイプ限定40台が用意され、2022年4月に欧州で発売される予定です。

レクサス・LC の中古車をさがす

レクサス・LC のカタログ情報を見る

【画像】北海道っぽい!? 火山のモチーフを取り入れた欧州限定のレクサス「LC 北海道エディション」(8枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント