トヨタの「新型セダン」目撃!? 斬新デザインの「bZ SDN」か? カローラより大きい謎のテスト車両が中国で話題に!

トヨタは新たなEVラインナップとして「bZシリーズ」を展開していくことをアナウンスしており、第一弾として新型「bZ4X」が登場します。そうしたなかで、第二弾として「bZ SDN」と思われるテスト車両が目撃されました。

トヨタbZシリーズ第二弾はセダン? 「bZ SDN」らしきテスト車両が目撃された!

 トヨタは2021年12月、閉館間際のお台場メガウェブにて、トヨタやレクサスの今後を示すEVのコンセプトカー15台を発表しました。
 
 そのなかにEVラインナップ「bZ」の名前を冠するセダン型コンセプトカー「bZ SDN」が含まれていましたが、2022年3月上旬に「bZ SDN」のデザインに酷似したテスト車両が中国で目撃されました。

トヨタの新型セダン!? 「bZ SDN」はどのようなモデルとなるのか?
トヨタの新型セダン!? 「bZ SDN」はどのようなモデルとなるのか?

 bZ SDNらしきテスト車両は、広東省深セン市南山区の石鼓路で目撃されており、最初に中国のEVコミュニティ「唯電」の公式ウェイボーアカウントに投稿され、そこから中国の自動車メディア各社がこぞって取り上げています。

 深センで目撃されたという点が重要となりますが、それはまた後ほど説明します。

 車両自体はテスト車両が公道上で走行する際の古典的なカモフラージュが施されていますが、サイド後方の窓のラインや、フロントバンパー下部のラインなどがトヨタのbZ SDNと一致。

 内装は中央に配置された縦型のディスプレイ、ハンドル、そしてセレクター周りの形状が既に発表済みのSUV「bZ 4X」と同じような構成となっています。

 これらの点から見て、この車両がコンセプトカーとして発表されているbZ SDNの市販車に近い状態であると見て間違いないでしょう。

 そしてもっと興味深い事実があります。投稿された写真のなかにはダッシュボードに置かれた書類を撮影したものもありますが、これは「汽車合格証」と呼ばれるもので、日本でいう車検証のような重要書類です。

 合格証をよく見ると、メーカーは「比亜迪汽車工業有限公司」、ブランドは「比亜迪牌」と記載されています。

 この合格証がこの車両のものであれば、車両は中国の自動車メーカー「BYD」が製造していることになります。

 最近何かとその名前を目にすることが多い自動車メーカーBYDは1995年にバッテリーメーカーとして広東省深セン市にて設立され、2003年に自動車の生産を始めます。

 目撃された場所が「深セン」であることを前述しましたが、深センといえばBYDのお膝元です。そこからもこの車両の開発にはBYDが深く関わっていることがわかります。

 BYDといえば電気バスの世界シェアNO.1メーカーとして有名な事から、「EVだけを製造するメーカー」と思われがちですが、実はEV以外にもプラグインハイブリッド車、ハイブリッド車、通常のガソリン車もラインナップしています。

 とはいえバッテリーや電気自動車の開発に関して卓越した技術を持つメーカーであるのには変わりなく、そこにトヨタは目をつけました。

 トヨタは2019年、BYDと「電気自動車の研究開発に関する合弁会社の設立に向けた契約」を締結し、2020年に50:50の出資で「BYD TOYOTA EV TECHNOLOGY」を設立しました。

 2021年の上海モーターショーでトヨタがおこなった発表では、トヨタ bZシリーズの提携パートナーにBYDの名前も挙げられています。

 そしてこのたび撮影されたテスト車両によって、 BYDがbZシリーズに関与していることがカタチとなって現れたわけです。

【画像】これがトヨタの新型セダン「bZ SDN」だ! 連投される「bZシリーズ」の実車を画像で見る(30枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. クラウンがGA-KプラットフォームのFFになることはない
    カムリとキャラ被りするより一気に電動化でRRの後輪駆動になる方がまだ自然

  2. 日本で売るときはbZなんて名前やめてほしい。最悪絶対買いたくない