「1万7000人」以上が興味アリ? トヨタ新型「bZ4X」オンライン予約開始! フランスでは月額5万円から乗れる?

話題のトヨタ新型「bZ4X」ですが、フランス市場ではオンライン予約が開始されており、すでに1万7000人が予約をしているようです。

新型bZ4Xのオンライン予約開始!? フランスでは1万7000以上も予約アリ?

 トヨタのEVブランドともいえる「bZシリーズ」第一弾として展開されるのが新型「bZ4X」です。
 
 すでに欧州の各国では先行してオンライン予約が開始され始めており、2022年2月24日にはフランス市場でも開始したとアナウンスされました。

フランスではオンライン予約が開始され1万7000以上の予約が入っているという
フランスではオンライン予約が開始され1万7000以上の予約が入っているという

 新型bZ4Xは、トヨタが独自に開発した初の100%電気自動車(BEV)で、同ブランドの新BEVプラットフォームを採用した初のモデルです。

このSUVは、流線型で力強く、スタイリッシュなエクステリアデザインで、先進安全性、運転支援、マルチメディアなどでも革新的な特徴を持っています。

 エクステリアは、BEVならではの先進的なデザインとしているほか、各所に空力を意識した工夫が施されています。

 インテリアは、インパネ中央に12インチタッチパネルを配置。さらに、運転席ではメーターをステアリングホイールの上側を通して見えるように配置した「トップマウントメーター」を採用しました。

 また、トヨタは25年にわたる大容量バッテリーの開発経験を活かし、航続距離の安心感だけでなく、長くBEVに乗ることを意識しています。

 新型bZ4Xには、71kWhの大容量リチウムイオンバッテリーを搭載。1回の充電で450km以上走行することが可能(WLTPサイクル/仕様により異なる)です。

 充電は、運転席側のCCS2充電ポートから「交流(AC)/直流(DC)」により、急速充電器(150kW)では約30分で80%まで充電することができます。

 駆動方式には2WD(150kWh)とAWD(80kW×2)が用意され、スバルとの共同開発による「X-MODE」を採用しています。

 また、ボタンひとつでアクセルペダルだけで加速・減速ができる「シングルペダルドライブ」を採用されました。

※ ※ ※ 

 フランス市場における新型bZ4Xのグレードは、「Pure 2WD」「Origin 2WD」「Origin AWD」「Origin Exclusive 2WD 」「Origin Exclusive AWD」をラインナップ。

 なお、オンライン予約はすでに開始されすでに1万7000以上の予約が入っているといい、実際にフランス市場での発売は2022年9月を予定しています。

>月額定額制で新車に乗れる! 今話題のトヨタのサービス「KINTO」はこちら

【画像】日本仕様はどうなる? トヨタ本気の新型「bZ4X」 プロトタイプでも分かるその凄さ!(69枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント